IoT人気記事ランキング|Roadstar.aiが描く中国のロボタクシー事業など[11/5-11/11]

先週IoTNEWSでPVの高かった記事を、週間ランキング形式で紹介します。

1位 深センの自動運転ベンチャーRoadstar.aiが描く中国のロボタクシー事業

自動運転の技術開発が加速している。高速道路などの特定の場所に限り、無人運転を行う「自動運転レベル4」のクルマはまだ市販はされていない。しかし、その技術開発は水面下で進み、公道での走行実験が世界各地で始まっている。
→詳細はこちら

2位 新しいGravioで始める、オフィスや店舗での簡単IoT

アステリア(旧インフォテリア)が先日リリースした、新Gravio。このコンセプトについては、以前の記事でお伝えした。
→詳細はこちら

3位 スマートルアー、IoTルアーの実証実験開始

株式会社スマートルアーは、水中環境やルアー(疑似餌)のアクションをセンサーで計測できるIoTルアー「スマートルアーα」を完成させ、屋外環境での実証実験を開始した。
→詳細はこちら

4位 AI/IoT業界リーダーが登壇!小売・製造・教育向け無料AI(人工知能)活用セミナー渋谷で開催

AI(人工知能)という単語が広く一般に知られるようになり、少子高齢化に伴う深刻な人手不足への対策や、新しいビジネスチャンスを築くなど、社会的に大きな期待を集めている。
→詳細はこちら

5位 日立、工場の設備診断自動化に向け、音で稼働状態を認識するAIを開発

株式会社日立製作所は、周囲の雑音に影響されず音に基づいて高精度に状況を認識することができるAI技術を開発した。当技術では、周囲環境から発生するさまざまな音(以下、環境音)や周囲の物体や人から跳ね返ってくる音(以下、反響音)などの雑音が含まれる音を、音源の方向や音色の違いなどの複数の観点に基づいて分解し、分解された音をもとに状況認識を行う。
→詳細はこちら

6位 フィットビット、防水大型タッチスクリーンと健康フィットネス機能搭載「Fitbit Charge 3」発売

フィットビットは、本日11月6日よりAmazon、ビックカメラ、ヨドバシカメラ、その他大手家電量販店にて、「Fitbit Charge 3(フィットビット チャージ スリー)」を希望小売価格21,470 円(税込)で発売開始した。
→詳細はこちら

7位 ソフトバンク、ドローンによる社会インフラ保全サービスを2019年春から提供

ソフトバンク株式会社は、産業や生活の基盤として整備された施設「社会インフラ」の老朽化対策として、ドローンによる社会インフラの保全を行う新たなサービスを開発し、2019年春から提供開始する。
→詳細はこちら

8位 ドコモ、AGCと提携し世界初『窓の基地局化』に成功

株式会社NTTドコモとAGC株式会社は提携し、景観を損ねずに既存窓ガラスの室内側から貼り付けができる電波送受信が可能なガラスアンテナを共同開発した。両社は、このガラスアンテナを活用し、2019年上期より携帯電話のサービスエリア拡充を図る。
→詳細はこちら

9位 軒先株式会社、IHI提供のIoTプラットフォームでスマートゲート「aQmo(アクモ)」提供開始

外出前に駐車場を予約し、ドライブを楽しむためのアプリ「軒先パーキング」を提供する軒先株式会社とIHI運搬機械株式会社は、このたび、IHI運搬機械が提供するIoTプラットフォームを活用して、スマートゲートシステム「aQmo(アクモ)」の開発を行い、11月よりサービスの提供を開始した。
→詳細はこちら

10位 富士通、AIビジネスの新会社 「FUJITSU Intelligence Technology」が事業を開始

富士通は、AIビジネスにおけるグローバル展開の戦略策定、およびその実行を担う新会社「FUJITSU Intelligence Technology」をカナダのバンクーバーに設立し、11月1日より事業を開始した。
→詳細はこちら

 
毎週、週のはじめにランキング記事を公開しています。
ランキング一覧はこちらから

Previous

NECの顔認証技術を用いた本人確認システム、コンサートのチケット転売防止・入場時間短縮

ローム・京都大学・日新システムズ、Wi-SUN FAN経由でArm Pelion IoT Platformへの接続を実現

Next