NEC、「ExpEther」のIPコア提供を開始

NECは、ネットワーク(イーサネット)を利用して、コンピュータや産業機器等の様々な機器で利用されている業界標準バス規格:PCI Express(※1)を拡張する技術「ExpEther」(エクスプレスイーサ、※2)のIPコア提供を開始する。

近年、次世代インダストリーに向けて、製造現場における産業機器は、多品種少量生産や生産性向上のために、短期間開発や、低コストと高性能の両立が求められており、低コストで高性能なイーサネットやPCI Expressを活用するケースが増えている。

しかし、産業機器はネットワークの高信頼性や機器の分散配置が求められるため、イーサネットでは高信頼通信、PCI Expressでは距離延長の対応が課題となり、その解決が求められている。

「ExpEther」は、イーサネットを従来のIPデータ通信用として用いるだけでなく、接続距離が限られるPCI Expressやクロック信号、顧客独自のI/O信号等のデータ通信路として用いる事で、接続距離の延長を可能にする。また、一般的なイーサネットスイッチ機器や無線LAN機器を用いた場合においても、「ExpEther」はデータが欠損しない高信頼転送を実現する。

これまで「ExpEther」技術を搭載した製品は、大学や企業への導入をはじめ、公共・社会インフラシステムなどを中心に採用されてきた。今回、次世代インダストリーの早期実現を目指す顧客との共創に向けて、低コストなFPGA(Field Programmable Gate Array、※3)に組込み可能で短期間での導入を実現する「ExpEther」IPコアのライセンス提供を開始する。

「ExpEther」IPコアの主な特長

  1. PCI Expressインタフェースを数km以上延長可能(I/O拡張)
  2. PCI Expressの標準規格に準拠し、既存機器のOS、ドライバ、ハードウェアを一切変更する事なく、PCI Expressの距離延長を実現します。

  3. 様々な信号を低遅延かつデータロスなく転送可能(高信頼・低遅延転送)
  4. PCI Expressのデータに加えて、工場における緊急停止ボタンのON/OFF信号や、同期のためのクロック信号等、お客様独自の信号の転送も実現します。

  5. 機器の柔軟な構成変更を実現可能(I/O仮想化・リソースプール)
  6. ネットワーク上に接続したPCI Expressのデバイスを、ソフトウェア等で自由自在に接続変更を行う事で、機器の柔軟な構成変更を実現します。

「ExpEther」IPコアの活用イメージ

  • 製造現場における作業環境改善のための工作機械の操作盤の遠隔拡張
  • 産業機器の拡張性を高めるI/Oの延長・拡張、レガシーI/Oへの対応
  • 作業員の生産性向上のため産業用ロボットのコントローラの無線化
  • 高精度な加工のための高速AI処理を実現するGPU等への容易な接続
  • 提供形態
    提供形態

    なお、提供価格は個別見積もりとなる。

    (※1)コンピュータのI/O拡張バス規格。コンピュータとグラフィックボード等の拡張ボードを接続する際に用いられる。
    (※2)ExpEtherとはLAN標準のイーサネット上に業界標準バス規格:PCI Expressを拡張する技術として2006年にNECが開発。
    (※3)ユーザーが論理機能を自由に設定できる集積回路。

    【関連リンク】
    日本電気(NEC)

    Previous

    【前編】コマツ四家氏・ウフル八子氏が語る、建設現場のオープンプラットフォーム「LANDLOG」はいかにして生まれたのか

    STマイクロエレクトロニクス、高精度・超低消費電力のモード変更可能な産業用3軸MEMS加速度センサを発表

    Next