mtes Neural Networksとスリーエス、電源、ネットワーク工事不要「AIマキビシカメラ&アルカス防犯・街路灯」を開発

mtes Neural Networks株式会社(エムテス ニューラル ネットワークス、以下 mtesNN)は、AI監視カメラ付きLED屋外照明「AIマキビシカメラ&アルカス防犯・街路灯(以下、本製品)」4種類を2018年11月30日に発売します。

この製品は、LED照明メーカーの株式会社スリーエス(所在地:東京都中央区 代表取締役 島崎 宗久)と共同で開発、電源とネットワーク工事が不要な、太陽光発電による完全自立型の屋外照明です。

近年、多発している自然災害による停電への対応が求められている。また、刑法犯罪は減少傾向にあるものの、子供や高齢者の見守りの要請は年々高まっている。

これらの要請に応えるために、mtesNNはこれまで培ってきたIoT、AI技術を、スリーエスはLEDの屋外照明の技術を使い、この本製品を開発した。両社の技術を駆使することで、同等性能の防犯・街路灯の設置費用に比べ、半分以下の予算での設置を可能にした。

クラウド使用料金やLoRa無線通信にかかる少額のランニングコストはこれまで同様に必要だが、初期の設置で負担になっていた電源工事や有線によるネットワーク工事が不要となる。その結果、これまで断念していた場所で街路灯や防犯・監視カメラが容易に設置できる。具体的には公園や駐車場、商店街や路地、山道など。

製品概要

製品名:AIマキビシカメラ&アルカス防犯・街路灯
特徴

  • 太陽光パネルによる自家発電(発電量)
  • 蓄電池搭載による停電対策(夜間10時間使用で9日間)
  • ローカルメモリ付きAIカメラとクラウドによるデータ保存
  • LoRa通信による通信料金低減と停電時の画像通信の確保
  • 超画像圧縮技術による3枚/秒の高画質画像送信と保存
  • AIカメラによる学習機能(顔認証やイベント学習)
  • 広角220度レンズ搭載による広範囲撮影
  •  ※設置環境によっては電源が必要になる場合があります。

    タイプ:15W 30W 45W 60W(オープン価格)

    mtesNNとスリーエスは、実質的な設置、導入、ランニングコストを他社同等製品と比較して1/2から1/3に抑えられるとして、初年度(2019年3月末)2万灯、2020年までに国内と海外市場で100万灯の設置を目指す。

    【関連リンク】
    エムテス ニューラル ネットワークス(mtes Neural Networks)
    スリーエス(Three-S)

    Previous

    リンクジャパン、IT知識不要で家電をスマホや声でON/OFFできる「ePlug」販売開始

    ブレインウェーブとオフィスエフエイ・コム、物流領域のロボットやIoTサービスを共同開発

    Next