【情報アップデート】IoTNEWS主催セミナー[無料]『ビル・設備・オフィスIoTの最前線』in 住宅・ビル・施設 Week

PR

2017年12月に東京ビッグサイトで開催された第2回 住宅・都市イノベーション総合展は、2018年から『住宅・ビル・施設 Week 2018』と名称も新たとなり、高性能な建材・住宅設備、ビル管理、ビル・都市システム、住宅・ビル向けのIoTソリューションなどの出展や、各種セミナーが開催される。

更に日本初の「住宅向けAI・IoT」に特化した展示会『第1回 AI・スマート住宅 EXPO』が新規開催され、第3回 スマートビルディング EXPOとともにIoTNEWSは注目しており、メディアスポンサーとして『住宅・ビル・施設 Week 2018』をサポートすると同時に、IoTNEWS初となる展示会でのConferenceイベントを開催する運びとなった。

IoTNEWS主催セミナー『ビル・設備・オフィスIoTの最前線』in 住宅・ビル・施設 Week

【日 時】2018年12月14日(金)13:00~16:30

【会 場】東京ビッグサイト『住宅・ビル・施設 Week 2018』東7ホール セミナー会場D

【定 員】100名 ※セッションごとの入れ替えは行いません。

【プログラム】
■13:10~
ワーカーのパフォーマンスを最大化するためのヒント
~クラウド/AIによる環境最適化の可能性~
株式会社内田洋行 スマートビル事業推進部 部長 山本 哲之 氏

<講演概要>
オフィスビルで働くワーカーにとって”生産性向上”とは何かを下記の視点からアプローチしていく。
1)利用者要求の落とし穴
2)バリューチェーン全体で考える
3)利用者メリットと管理者メリットの両立
4)分析型から発見型問題解決へ
5)働く場とそこで働く人に対するデータアプローチ
6)データ活用による利用方法、管理手法の変化
といった内容を一部事例を交えて紹介する。
本講演ではITとOTの融合化に対し、ネットワーク、統合化、クラウド/AIの3つの視点での解決を提言する。

■14:00~
待ったなし”月額500円のオフィス・ショップ向けIoTで実現する”働き方改革
アステリア株式会社 エンタープライズ本部 Gravio事業部 事業部長 垂見 智真 氏

※10月より社名がインフォテリア株式会社から変更されました。

<講演概要>
働き方改革や省力化において、既に様々なITソリューションが導入され、効果を発揮している。しかしながら、センサーやデバイスなどによる、IoTを活用した働き方改革はまだまだ一部の企業が導入するにとどまっているのが現状だ。

その中でも、特にオフィスやショップなどの建物およびワークプレイスにおける実装は、通常のITとは違う知見が必要となることが多く、様々な技術的要求や、コスト、効果、更にはセンサーなどのデザインなどの面から、導入に際して二の足を踏まれるケースが少なからず存在している。

本セッションでは、そのような導入の際の障壁に着目し、月額500円でソフトウェアのみならず複数の認証済センサーを無償で貸出するエッジウェア“新Gravio”を中心に、“5分で出来る働き方改革”の実装例を交えて紹介していく。本製品により、ノン・プログラミングのフロー型設計に基づく利用者のスキルを選ばない高速な実装が可能となり、また、新搭載の画像認識を用いた推論機能を内蔵した、次世代のテクノロジーであるエッジ型技術によるIoTソリューションを無理なく既存の現場に追加導入することが可能となる。高速・簡単・安価に建物やワークプレイスのIoT化を実現するエッジウェア“新Gravio”を是非この機会に検討していただきたい。

■14:50~
都市の未来とIoT
ダッソー・システムズ株式会社
ジャパンマーケティング シニア・ディレクター 伊藤 宏隆 氏

<講演概要>
2050 年までに世界の都市人口は30 億人増加し、世界人口の 3 分の 2 に達すると予測されている。また、コネクテッドセンサー技術の普及により、都市を巡る情報はその境界を越え急速に成長しており効率的な管理が難しくなっている。同時に、デジタルネイティブの比率が高まる中で、魅力的な生活や仕事・遊びといったエクスペリエンスが都市という文脈の中でどのように促進されるのか、住民、訪問者、事業者ともに高い期待を抱いているという背景がある。

ダッソー・システムズは未来の都市づくりに向けたプラットフォーム、3DEXPERIENCityを開発しており、本講演ではシンガポールやフランスの事例を上げながら、都市のあらゆる関係者(行政担当者、住民、デベロッパー、プランナー、設計事務所、起業家、インフラ、エネルギー、廃棄物、輸送、通信など各事業者)が、持続可能な都市の未来に向けてどのように連携していけるのかその可能性とイノベーションの在り方を考察する。

■15:40~
ビル、設備、住宅、オフィスIoTの最前線
IoTNEWS代表 / 株式会社アールジーン 代表取締役 小泉 耕二

<講演概要>
スマートビルディング、オフィスのIoTにおける現状を、IoTの視点からお話しする。

また、そこにおける現状の課題と、解決策などをおさらいし、次の一手を打つための知見をお伝えする。

 

先着100名様は、事前申込による優先席をご用意致しますので下記よりお申し込みください。
また、当日受付での参加も可能です。
但し、席数に限りがあるため、立ち見となる場合がございますのでご了承ください。

※本セミナーのご参加には、住宅・ビル・施設Weekの招待券が必要です。招待券をお持ちでない方は下記よりお申込ください。
https://www.japan-build.jp/inv/

お申込み

[contact-form-7 404 "Not Found"]
Previous

アドダイスとAJSが協業、半導体工場・工程向け「HORUS AI for SemiCon-EX」クラウドサービスを提供

リコー、センサーで人の所在や照度、室温を検知し自動制御する照明・空調制御システムを開発

Next