HITOWAとパナソニック、IoT・AI活用の介護施設実現に向けて連携

HITOWAホールディングス株式会社のグループ会社で、介護サービス事業を展開するHITOWAケアサービス株式会社(以下、HITOWA)とパナソニック株式会社は、先進的な介護施設の実現に向けて連携を行い、HITOWAが運営する有料老人ホーム「イリーゼ」で、パナソニックのIoT・AIセンシング技術を活用した介護施設向けソリューションを導入し、拡大展開を行うと発表した。

また、最新のIoT・AI技術を駆使した検証を通して、介護職員の業務の効率化、介護職員は人でしか行えない業務に集中できる環境づくりを行い、介護サービスの充実化を目指すという。

パナソニックの介護施設向けソリューションは、高感度センサーやクラウドサービス対応型エアコンを用いた「みまもり安心サービス」で、入居者の熱中症・脱水症状などのインシデント把握や、夜間の安否確認・状況把握が可能になる。

また同施設では、IPカメラをIoTデバイスとして活用するクラウド対応「Vieureka(ビューレカ)プラットフォーム」と組み合わせ、以下の実用化に向けた検証を行うという。

  • 介護施設で大きな課題となっている転倒事故対策として、ベッド上の詳細な高齢者の動きをとらえて事故を未然に防止
  • 入居者の活動範囲・傾向をデータ化して、健康状況やリハビリ状況を可視化し、各人にあった介護プログラム作成への活用

今後、様々なIoT機器から得るセンシングデータや介護記録データをAI分析基盤に集約・分析し、入居者の排泄リズムや睡眠リズムなど生活リズムの予測や予知までを行うことで、先回りの介護を実現し、本質的な施設職員の業務負担軽減や入居者のQOL(Quality of Life)向上を目指すという。

【関連リンク】
HITOWAホールディングス(HITOWA Holdings)
HITOWAケアサービス(HITOWA Care Service)

Previous

ネクストエナジー、蓄電池などのリソース制御の高速応答するIoTプラットフォームを共同開発

産総研・NEC等、AI活用した微化石の鑑定・分取技術を開発

Next