ウイングアーク1st、小規模商圏で把握可能な人口統計データ「あさひる統計」を月額定額サービスで提供開始

ウイングアーク1st株式会社は、125m四方の小規模商圏分析を可能とする曜日時間帯別の人口統計データ「あさひる統計」(※1)を、「3rd Party Data Gallery for MotionBoard Cloud ※2(以下、3PDG for MBC)」「3rd Party Data Gallery On Demand ※3(以下、3PDG On Demand)」のラインナップとして、本日12月18日からサブスクリプションサービス(※4)として提供を開始した。

「あさひる統計」とは、スマートフォンのアプリから得られる位置情報ビッグデータを統計処理し、125m四方(6次メッシュ)という小地域で人口を平休日・時間帯別に推計し、希望の場所・時間帯毎の人口を把握できるデータだ。

これまでは、最小で500m四方(または町丁字)の商圏分析は実現していたが、商業施設が集中するエリアではターゲットエリアを絞った正確な小地域分析が難題だった。「あさひる統計」では、125m四方という狭い商圏の分析が可能となることにより、コンビニエンスストア、ドラッグストア、カフェなどの小売や流通サービスにで、小商圏の人口分布把握、立地評価など、正確でよりピンポイントな分析が可能になる。

汎用的に商圏分析に使用される国勢調査は5年に1回の調査だ。「あさひる統計」では、エリアごとの年間の平均人口を年に2回更新し提供するため、日々変化する街の現状が分かるという。

月額利用価格は全国版で100,000円(税別)、地方版で40,000円(税別)からだ。

※1 あさひる統計データ制作・出典:株式会社楽しいチリビジ(データソースは、株式会社ブログウォッチャー Profile Passport連携アプリより)
※2 MotionBoard Cloudは、社内に蓄積されたデータを、現場担当者や経営者などが、意思決定や行動の変化を促す情報をスピーディーに届けることができるクラウド型BIダッシュボードサービス。
※3 3rd Party Data Gallery On Demandは、第三者データを基に利用用途に応じて用意された豊富なコンテンツから見たいものを選択し、Web上で閲覧できるサービス。従来はBIツールやGISツールを導入し、データを都度調達および加工処理を行った上で分析に着手するという作業が、同サービスを利用することで軽減される。
※4 月額定額サービス

【関連リンク】
楽しいチリビジ(Chiribiz)
ブログウォッチャー(Blogwatcher)

Previous

[2/27 無料] IoT推進ラボ&経済産業省、「2030年の街づくり」をテーマにビジネスマッチングイベントを都内で開催

ライナフとパルシステムが提携、IoT活用でオートロックマンション不在宅でも玄関先まで食材配達を可能に

Next