インヴェンティット、ヘルスケアIoTサービスを提供開始

インヴェンティット株式会社は、ヘルスケアIoTサービスを2019年2月から提供開始すると発表した。見守りや介護支援、従業員の健康管理、治験工程の効率化に貢献するという。

特徴は以下の通り。

  • ヘルスケア領域での特定の機器(血圧計や活動量系などのバイタル計測)だけでなく、カメラや環境センサなど、様々な機器をIoTゲートウェイまたはスマートフォン/タブレットを介してクラウドに接続可能
  • 計測されたバイタルデータは生体認証によって、個人と紐づいた形でクラウドに蓄積される
  • クラウドに蓄積されたデータは、クラウド上で分析・可視化を行うだけでなく、電子カルテや他のIoTプラットフォームとも連携可能

小規模用途に適した設計で、PoC(Proof of Concept)・スモールスタートしたい現場のニーズに応えるという。価格は30万円(税別)からだ。

【関連リンク】
インヴェンティット(Inventit)

Previous

西菱電機、「プライベートLoRaWAN検証キット」提供開始

日本ハム・NTTデータ等4社、AIで豚の健康や発情兆候を判定する「スマート養豚プロジェクト」開始

Next