産総研と東京大学、AIチップ開発を支援する「AIチップ設計拠点」を構築

国立研究開発法人 産業技術総合研究所(以下、産総研)エレクトロニクス・製造領域 AI chip Design Laboratory(以下、産総研 AIDL)と国立大学法人 東京大学 大規模集積システム設計教育研究センター(以下、東京大学 VDEC)はAIチップ開発を加速するために、AIチップ開発に必要なさまざまな機能をオンサイト、もしくは遠隔からでも利用できる環境を提供する「AIチップ設計拠点」を、東京大学 本郷キャンパス浅野地区武田先端知ビルに構築した。

同拠点は、産総研と東京大学が共同で提案し、採択された経済産業省「産業技術実用化開発事業費補助金(AIチップ開発加速のための検証環境整備事業)」、および国立研究開発法人 新エネルギー・産業技術総合開発機構(以下、NEDO)「AIチップ開発加速のためのイノベーション推進事業」を活用している。

AIチップ開発を目指す中小・ベンチャー企業などに、EDAツール群やエミュレーターからなるAIチップ設計環境や、設計フローやリファレンスデザインなどの共通基盤、拠点に蓄積される設計資産やノウハウ、AIチップ設計人材育成環境を提供することで、国内の中小・ベンチャー企業などのAIチップ開発加速へ貢献するという。

提供:産総研

【関連リンク】
産総研(AIST)

Previous

シャープ、NTTコミュニケーションズ・NTTドコモ・東武鉄道と連携、5Gによる高速移動体への8K映像伝送する実証実験を実施

セコム、100カ所の特徴点から照合判定を行う顔認証検知システム「セサモFF」を発売

Next