ソルティスター、クラウド連携の金属対応RFIDタグシステムを日本ミクロンと共同開発

棚卸作業には、従来バーコードが利用されていたが、電子タグを活用することで、一定の離れた場所にある複数の製品のデータを一気に読み取ることができ、業務効率化に繋がるため導入する企業が増えている。しかし、電子タグと通信するリーダ ライター端末からの電波が、金属に反射して不具合が出てしまうため、金属製品の管理には活用できなかった。

そこで、株式会社ソルティスターは、日本ミクロン株式会社と共同で、金属に対応したUHF帯(※1)の電子タグとクラウドが連携したシステム「SmaCoクラウド」を開発し販売開始した。

「SmaCoクラウド」は、日本ミクロンの金属対応電子タグ「SmaCo」とソルティスターのクラウドシステム「SALTYSTER」、データの読み取り・書き込みができるリーダ ライター端末をセットにした、クラウドまで一気通貫のRFID(※2)システム。電子タグを金属面に貼り付けても、読み書きした電子タグのデータをクラウドまで繋げることができる。

これにより、建設機材など金属製品の棚卸にもクラウドを簡単に活用できる。また、工場の製造過程においても製品に電子タグを貼り付け、製造工程や原材料、仕入先などの情報を読み書きすることでIoTトレーサビリティ(※3)も大きな工数を割くことなく実現することが可能になった。

※1 極超短波を意味する“Ultra High Frequency”の略で300MHz~3GHzまでの周波数の電波受信に必要なアンテナを小さくすることができるため小型機器に利用でき、HF帯(短波帯)に比べ通信距離が長いのが特徴
※2 電波によりRFタグのデータを非接触で読み取り・書き込みするシステム
※3 原材料・部品の調達から加工、組立、流通、販売の各工程で製造者・仕入先・販売元などを記録して追跡可能な状態にしておくこと

【関連リンク】
ソルティスター(SALTYSTER)
日本ミクロン(NIHON MICRON)

Previous

IDC、LPWA普及のための課題「高コストなLPWAデバイス」などを発表

三菱地所、顧客の行動・購買データを分析するビーコン活用した実証実験を横浜みなとみらいで実施

Next