デンソー、車両管理から安全運転までをサポートするクラウド型社有車管理システムを法人向けに販売開始

株式会社デンソーは、交通事故のない安心、安全な社会の実現を目指して、従来から新車および既販車への安全運転支援技術の開発に取り組んでいる。

今回デンソーは、営業車など社有車を保有する法人向けに、車両管理からドライバーの安全運転までをサポートするクラウド型社有車管理システム「フリートオペレーションサービス mobi-Crews」を発売した。

同サービスは、新たに開発した車載通信端末を車両に取り付け、リアルタイムに車両の情報を収集、提供することで、運行管理や安全運転を支援するサービス。ニーズに合わせた以下の3プランがある。
デンソー、車両管理から安全運転までをサポートするクラウド型社有車管理システムを法人向けに販売開始

すべてのプランで車両の予約管理、日報・月報の自動作成など運行業務の管理および、ドライバー単位での運転評価やヒヤリマップ作成といった安全運転に役立つ基本サービスを提供。また、ドライブレコーダーや通信型ドライブレコーダーを使用する「Safety プラン」と「Full プラン」では、事故発生時など危険運転時の動画を管理者へ自動配信するサービスやシーン別の運転を分析できるサービスをはじめとした、個別の運転指導に役立つサービスも提供する。
デンソー、車両管理から安全運転までをサポートするクラウド型社有車管理システムを法人向けに販売開始

「フリートオペレーションサービス mobi-Crews」は、株式会社デンソーセールスより販売される。

【関連リンク】
デンソーセールス(DENSO SALES)

Previous

IDC、国内セキュリティソフトウェアの市場規模は2022年に2,943億円に拡大すると予測

OPENがキーワード、中国企業の存在感低下か ーCES2019レポート23

Next