IDC、国内コネクテッドビークル市場MaaSユーザー動向調査結果を発表

企業:

IDC Japan 株式会社は、「2019年 国内コネクテッドビークル市場 個人/事業者ユーザー調査」の調査結果を発表した。

同調査は、ライドシェアやカーシェアなどのMaaS(Mobility as a Service)およびコネクテッドビークルとその関連サービスに対する国内の個人ユーザーと事業者ユーザーの利用意向や利用に当たっての不安要素などを分析したものだ。

IDCの今回の調査から、現在マイカーを運転している人の21.6%が、10年後は、車を所有しなくてよいと考えていることがわかった。

特に、趣味性の発露の対象として車を捉える人が多い男性においては、集中力や反射神経の衰えから将来は代替手段への移行を検討する人が多いと考えられる60代に続いて、特に20~30代で所有しなくてよいとする人の比率が高くなっている(男性20代:23.2%、男性30代:22.5%)。

国内でもライドシェアサービスに関わる規制緩和が進んだ場合、若い世代の男性を中心に「所有から使用/共有へ」の流れが加速する可能性が高いと考えられる。

また、現在頻繁にマイカーを運転し、かつコネクテッドビークルのような次世代自動車の所有にも興味がある人を対象とした抽出調査において、ライドシェアサービスを「乗客として利用する可能性がある人」は69.6%いるという。

ライドシェアの個人ドライバーの評価手法については、海外の主要ライドシェア事業者が採用する「他の利用者の主観的評価」が良いとする人(40.8%)よりも、「サービス事業者による運転データなどに基づく客観的評価」を挙げる人(52.6%)の割合が高くなっている。

またライドシェアサービスに対して「所有車の貸し手/ドライバーとして登録する可能性がある人」は55.4%だった。

個人所有車や公共交通機関などに対するメリットや、ドライバー評価を含めたリスク対策の認知が進めば、十分な乗客の需要と車両/ドライバー供給の双方が期待できる。

今回のIDCの調査の結果から、国内でもライドシェアが有用な交通手段として受け入れられる土壌があり、マイカー以外の交通手段によるさまざまな移動を一つのサービスとして捉えるMaaS普及の起爆剤になり得ると考えられる。

IDC Japan コミュニケーションズ リサーチマネージャーの敷田康氏は「20~30代は米国でミレニアル世代と呼ばれる層に対応する。インターネットが普及した環境で育ち柔軟な価値観を持つ世代とされ、シェアリングエコノミーを評価する層でもある。若い世代の男性層においてはライドシェアなどのMaaSが、個人所有車の代替手段として受け入れられる可能性が高い」と分析している。

Previous

NTTドコモ、5G活用の360度8K3D60fpsVRライブ映像配信・視聴システムを開発

NECソリューションイノベータといーじー、地域における交通課題解決のため地域版MaaSを視野に入れ共同研究を開始

Next