NEC、APIR・NTT西日本と共同でICT・IoT活用したスマートシティの実証実験を開始

近年、AI・IoTの普及により、センサーを活用して都市の利便性やセキュリティを向上するスマートシティの実現に向けた取り組みが各地で進められている。今後のスマートシティでは、これまで個々に利用・管理されていたインフラの状態、施設の利用状況などのエリア情報や、人の位置、人流、活動状況などの情報を利活用して、より安全で効率的な都市の実現、新サービスの創出などが求められている。

このような中、日本電気株式会社(以下、NEC)は、一般財団法人アジア太平洋研究所(以下、APIR)および西日本電信電話株式会社(以下、NTT西日本)と共同で、2019年2月1日~3月24日にグランフロント大阪で、ICT・IoTを活用したスマートシティの実証実験を開始した。

同実証実験では、グランフロント大阪北館に各種センサーを設置し、混雑度・群衆流量の把握と異常音を検知する。混雑度と群衆流量の把握には、NECの「群衆マネジメントソリューション」を活用。同施設の主要通路やエスカレータ付近など6箇所にカメラを設置し映像を分析することで、混雑状況や人流をリアルタイムに把握可能になる。これにより、警備員配置や避難誘導の最適化などにつなげる。

異常音の検知には、NECの「音状況認識技術」を活用する。同施設内1箇所に複数の音センサー(マイク)を設置し、音量・音質などを分析することで、破裂音、ガラスが割れる音、悲鳴などの異常音の検知やにぎわい度の計測をリアルタイムに実現する。これにより、事件・事故の早期発見・解決につなげる。

またNTT西日本が提供するIoTプラットフォームと連携し、安全・安心なまちづくりのための仕組みを検討する。
 
なお、NECが同実証実験で撮影した映像は、来街者の人数、混雑度、移動方向の推定データ生成し、分析後に破棄する。顔や容貌などの特徴検出(顔認証など)は行わない。音センサーで収録した音情報も、音量・音質の特徴量に変換し、異常音の検知やにぎわい度の計測後、センサー内で破棄することで、プライバシー保護に配慮した仕組みを実現した。

Previous

北陽電機、屋外対応2次元測域センサを発売

総務省とNICT、サイバー攻撃に弱いIoT機器の調査と利用者への注意喚起を行う取組「NOTICE」実施

Next