Tokyo VR Startupsをデジタルハリウッド大学院で後援、『Tokyo VR Meetup』の運営をサポート

株式会社による専門職大学院、デジタルハリウッド大学大学院では、ソーシャルゲーム会社のgumi(グミ)が完全子会社として設立した、VR事業を手掛ける日本国内のスタートアップを支援するTokyo VR Startups株式会社(以下TVS)を後援している。

TVSの取締役には、同大学院で「ゲームラボ」を指導するゲームジャーナリストの新清士非常勤講師(2016年4月より専任准教授に就任予定)が就任しており、同大学院ではTVSが毎月開催をする『Tokyo VR Meetup』の運営をサポートすることとなった。

『Tokyo VR Meetup』の第1回は、Tokyo VR Startupsインキュベーションプログラムの活動と投資先5社について、取締役の新清士教員と投資を受けることになった2社が登壇し解説。ほかに、1月6~9日に米国ラスベガスで開催された世界最大の家電見本市「CES 2016」の報告を、現地を取材したプレス陣による講演もおこなわれる。

 

【Tokyo VR Meetup開催概要】

名称:Tokyo VR Meetup #01「CES 2016報告会 & VRスタートアップの可能性」
開催日時:1月25日(月) 20:00~22:00
会場:デジタルハリウッド大学大学院 駿河台ホール
入場料:一般・学生1000円(デジハリ生は学生証提示で無料)
定員:200名
主催:Tokyo VR Startups、PANORA
協賛:デジタルハリウッド大学大学院
後援:NPO法人オキュフェス

プログラム:
1.「記者が語るCES 2016 VR・ARの注目はコレ!」
登壇:ジャーナリスト・西田宗千佳、MoguraVR・すんくぼ、PANORA・広田稔
2.「Tokyo VR Startupsに聞くVRスタートアップの可能性」
登壇: 新清士(Tokyo VR Startups 取締役)ほか

 

【関連リンク】
デジタルハリウッド大学大学院
gumi
Tokyo VR Startups

Previous

東大発ベンチャーLPixel、ライフサイエンス研究に特化した論文画像不正対策のための類似画像検出システムを開発

芝浦工大、産技大、都産技研による研究会、オリンピックでの実証を目指し、「おもてなしロボット」のネットワーク連携実験に成功

Next