パナソニックと森ビル、AIを活用したビルオートメーションシステム向けセキュリティ技術の実証実験を開始

昨今、ビル設備の多くはビルオートメーションシステム(以下、BAシステム)によるネットワークを利用した集中制御がなされており、省エネや管理の省力化、居住快適性の向上に役立てられている。しかし、BAシステムにはIP(Internet Protocol)を利用したオープンな規格のプロトコルが用いられることが増えてきたため、多くのITシステムと同様、サイバー攻撃にさらされる危険性が高まってきている。

パナソニック株式会社は、森ビル株式会社とBAシステム向けのセキュリティ技術について、既設ビルでの実証実験を2019年1月末から開始した。

サイバー攻撃に対抗するため、パナソニックは森ビルとBAシステムで主流のプロトコルであるBACnet/IP(Building Automation and Control Networking protocol)による通信を監視し、AIにより普段の通信を学習することで、異常を検知する技術の開発を進めている。

開発中の技術は、制御コマンドのバイト列の異常性や送受信される制御コマンド順序の異常性など、送受信されるパケットから様々なタイプの異常性を判定する複数のアルゴリズムから構成され、過去に出現した例がない未知の攻撃に対しても異常性を判定することが可能であるといわれている。

既に技術研究組合制御システムセキュリティセンター(CSSC ※)の実験設備において、同技術の有効性が確認されており、同実証実験の開始に至った。

※ 発電所やガスプラントなど、重要インフラの制御システムに対するサイバー攻撃への対策のため国際標準化活動、認証、人材育成、普及啓発、各システムのセキュリティ検証の業務を行なう法人。

Previous

金沢工業大学とセンスウェイ、LoRaWAN活用したIoT分野での共同研究で提携

日立、IoT機器に実装できる名刺サイズのCMOSアニーリングマシンを開発

Next