ソフトバンクとTBCASoft、ブロックチェーンによるID情報管理・認証を推進するワーキンググループを発足

現在、多くのID情報管理システムは、多数のユーザーを持つ特定の企業などにより管理された中央集権的なデータベースに頼っている。これらのサービスを利用するユーザーは、正確なID認証を行うために、そのデータベースと連携する無数のサービスプロバイダーに、氏名や住所をはじめとする個人情報に関するID情報を開示する必要がある。また、IDなどの盗難による個人情報の流出の恐れもある。

ソフトバンク株式会社と米国のブロックチェーン技術開発企業であるTBCASoftは、ブロックチェーンによるID情報管理・認証を推進するワーキンググループを、通信事業者のブロックチェーン・コンソーシアムである「CBSG」(※1)にて発足させた。

このワーキンググループの発足に伴い、TBCASoftはアプリケーションフレームワーク基盤「Cross-Carrier Identification System」(以下、CCIS)を構築した。通信事業者は、「CCIS」を利用することで、ブロックチェーンを活用したID情報管理や証明書の検証を行うことができる。

「CCIS」は既存の中央集権型サービスと異なり、ブロックチェーンを活用し、通信事業者基準の信頼性を持ったコンセンサスの下、それぞれの通信事業者が独立して運用する仕組みである。ゼロ知識証明(※2)と分散台帳技術により、ユーザーは個人の詳細な情報を提供することなく、IDの発行・保管・認証ができる。また、ユーザーは数多くのアカウントやパスワードを発行したり、覚えたりする必要がなくなるという。

さらに、TBCASoftの技術と通信事業者のデータセンターの堅牢性により、IDなどの盗難による個人情報の流出を防げる。企業やユーザーは機密情報を開示することなく、暗号化されたデジタルIDの認証が可能になるという。

※1 CBSG:Carrier Blockchain Study Group(キャリア・ブロックチェーン・スタディー・グループ)の略称。CBSGはTBCASoftやソフトバンク、米国のSprint Corporation、台湾のFar EasTone Telecommunicationsによって、ブロックチェーンを活用した様々なサービスを提供することを目的として設立された。
※2 ゼロ知識証明:与えられた情報が真実であることを、それ以外の情報を伝えずに相手に証明する技術。

Previous

富士通とジェイアール東日本商事、ロボットによる実演商品プロモーションの共同実証実験を東京駅で実施

NECの「店頭棚割画像解析サービス」、カルビーに採用

Next