MWC2019開幕、世界各国で5Gサービスが開始 ーMWC2019バルセロナレポート1

今年も、バルセロナでMWC(Mobile World Congress)が開催されている。

MWCは通信業界のイベントで、主に通信キャリアに向けた基地局などの通信機器の展示と、スマートフォンなどの端末側の展示で構成されている。

この2年くらい、5Gのユースケースを追ってきたが、なかなか目新しいものに出会うことはなかった。

今年は、各国で5Gがスタートするということで、まずは5Gに対応したスマートフォンが各ブースで展示されていた。

昨年のクアルコムのブースで展示されていた、デモ端末ではかなりの厚さがあったスマートフォンだが、実際に登場している端末についてはかなり薄くなっており、筆者の持っていたiPhone8と比較しても遜色がないところまで来ているのに驚いた。

MWC2019開幕、世界各国で5Gサービスが開始 ーMWC2019バルセロナレポート1
SAMSUNGの5G端末の展示

また、5Gを体感するための様々な取り組みの中で、スマートフォンに関しては動画やARといったリッチ・コンテンツへの対応が多くのブースで展示されていた。

MWC2019開幕、世界各国で5Gサービスが開始 ーMWC2019バルセロナレポート1
HTCの5G Hub。VRヘッドセットのHTC VIVEとの相性も良さそう

スマートフォンが世界中で使われるようになると、部品の価格も下がり、通信会社の地域フォロー状況もよくなるので、都市部を中心にいろんなところで5Gの恩恵を受けることができるようになると思われる。

一方で、5Gの特徴である「低遅延」を活用した、非スマートフォンサービスもこれから広がっていくと思われるが、これに関しては、非認可帯域をうまく使って5Gのプライベートネットワークを使ったソリューションも登場してくることと思われる。

MWC2019開幕、世界各国で5Gサービスが開始 ーMWC2019バルセロナレポート1
Microsoft Hololens2
MWC2019開幕、世界各国で5Gサービスが開始 ーMWC2019バルセロナレポート1
Microsoft Hololens2は、現状通信には対応していないが、今後こういったデバイスが5G対応することで、利用シーンも増える

実は非認可帯域を使ったソリューションは4Gでも対応できていたのだが、3Gから4Gとは違って、高速通信が当たり前になり、様々な産業分野での利用がイメージできるようになってきた今でこそ、その可能性も検討の余地がある状況となってきているといえるだろう。

いずれにせよ、世界最大の通信業界のイベントで、どんな通信の未来が描かれるのか楽しみだ。

Previous

欧米と日本における匠の技術継承の方向性の違い -ものづくり白書2018

ABEJAとシンガポール大手鉄道会社SMRT、ディープラニングの活用推進で協業

Next