ダイキンがNYKシステムズと協業、BIM対応CADソフトとの連携を強化し空調設備設計ソリューションを推進

昨今、建設業界では人手不足により設計者や施工者の負担が増加するなか、データ上での不整合チェックによる手戻り減少や、関係者間での正確で素早い合意形成など業務の効率化や高度化に繋がるBIM(※)が設計事務所や建設会社、設備工事会社等で普及し始めている。

BIM対応の建築設備CADソフトは、建築・設備データベースとして、従来の作図用途だけではなく、空調の設備設計からエンジニアリング、施工、運用管理、保守メンテナンスまでの「空調バリューチェーン」でも、上流の設計やプレゼンテーション、現場の施工管理や、建物竣工後の設備管理データベースとしての活用が考えられている。

このような中、ダイキン工業株式会社は空調機器の販売や保守サービスだけでなく、自社の持つ空調設備設計のノウハウを活用し、建築設備CADソフト「FILDER」や、BIMと連携したクラウド型空調設計支援システム「DK-BIM」など、設備設計業務の効率化を図るシステムの開発と提供を行ってきた。

今回、ダイキンは、建築設備CADソフト「Rebro」を開発・販売する株式会社NYKシステムズと、空調設備設計や運用管理の効率化を図るシステムの共同開発ならびにソフトウェアの販売について協業する。空調機のデータとBIMデータとの連携をスムーズにできるシステムの開発を進めることで、設備設計や管理を統合的に支援するIT環境づくりを進める。

第一弾として、ダイキンのクラウド型空調設計支援システム「DK-BIM」とNYKシステムズの「Rebro」との連携を強化し、BIMモデルを活用した熱負荷計算、空調機器自動選定、自動配置、冷媒配管選定などの機能強化を図る。

※ Building Information Modelingの略。コンピュータ上に作成した3次元の建物のデジタルモデルに、コストや仕上げ、管理情報などの属性データを追加した建築物のデータベースを、建築の設計、施工から維持管理に至るまでのあらゆる工程で情報活用を行うためのソリューション。

Previous

SB C&Sとホロラボ、3D設計データをAR・MRに自動変換する可視化ソリューション「mixpace」を共同開発

富士通とジェイアール東日本商事、ロボットによる実演商品プロモーションの共同実証実験を東京駅で実施

Next