エヌエスティ・グローバリスト、IoT向けLPWA対応低消費電力ユニット「SpreadRouter-A」発売

エヌエスティ・グローバリスト株式会社は、LPWAの導入実績で培ったIoT向け通信ユニット「SpreadRouter-A」を2019年4月に発売する。

SpreadRouter-Aは、110μAのスタンバイ状態を維持させ、外部トリガーキックまたは内蔵RTCでキーデバイス部をスリープ状態から起動するため、低消費電力だ。

1台でシリアル(RS232CまたはRS485)を標準装備し、アナログ検出センサー、デジタル・パルス検出センサーが取り込めるセンサー用インターフェースをタイプ別に提供している。

また、センサーデータ集信の要件によって通信方式が異なることから、LoRa・LoRaWAN・LTE-M・NB-IoT・有線シリアル通信など現場に適した通信方式が選択できる。

Previous

NTTコミュニケーションズがスポーツ分野のデジタルトランスフォーメーションに向け、AI・AR活用のスポーツ観戦アプリ「SpoLive」を開発

IoT人気記事ランキング|MWC2019バルセロナレポートなど[2/25-3/3]

Next