NTT西日本、ドローンによるインフラ点検サービスを行う新会社を設立

公共インフラは老朽化が進み、インフラを維持する技術者は減少傾向にあるため、効率的なインフラのメンテナンスが大きな社会課題となっている。一方、ドローンは各種点検などにも広く活用されており、作業従事者の安全確保と時間短縮につながるソリューションとして注目されている。

NTT西日本グループもドローンによる太陽光パネルの点検ソリューションや、AIを活用した道路路面の状況を診断するサービスを提供、2018年には自社で保有する橋梁や鉄塔の設備をドローン活用による点検業務のトライアルを実施しており、ドローンによる点検技術や画像解析におけるAI活用ノウハウの蓄積をしてきた。

これらの取り組みを踏まえ、西日本電信電話株式会社(以下、NTT西日本)は、ドローンを活用したインフラ点検の新会社「株式会社ジャパン・インフラ・ウェイマーク」を2019年4月1日に設立し、営業を開始する。

新会社では、コンサル・企画、ドローンによる空撮・点検、診断・レポート化まで、NTTコムウェア株式会社の「KnowledgeMap 4D」を用いてトータルメンテナンスサービスを提供する。ドローンによる点検は、送電線鉄塔・通信鉄塔・橋梁・のり面・太陽光・風力発電設備等の様々な構造物の点検に対応。橋梁の下などGPSが受信できない環境でも飛行可能な、橋梁点検専用ドローンも導入している。点検や診断業務ではAIを活用して技術者をサポートする。

また、ドローン販売・レンタル、メンテナンス、教育研修、保険取次なども行う。

Previous

日産とNTTドコモ、ARで遠隔地にいる人物と同乗できるI2V技術の5G走行実証実験を開始

JALがアクセンチュアと協力、AI活用した空港旅客サービス案内支援システムを試験導入

Next