オプテックス、IoT化した街路灯で防災に強いまちづくりの実証実験を開始

近年、地震や集中豪雨による水害等の自然災害による被害が後を絶たない。防災対策の1つとして、街の現状や行政の最新情報を把握することは、災害発生後の住民の安全確保や早期復興にも繋がる。

オプテックス株式会社は、東京都杉並区の協力を得て、既設の街路灯に設置した人感、傾斜、揺れ、冠水、電流、温度など各種センサーからのデータを送信し、人流・冠水・設備をモニタリングする実証実験を2019年1月より開始した。街路灯をIoT化させることで得られる情報を、杉並区のよりよいまちづくりの推進に活用することを目的とし、これらのデータの有効性を1年間かけて検証していく。

同実証実験において、杉並区では阿佐ヶ谷、荻窪駅周辺、同地域の学校など数か所の街路灯に各種センサーを設置し、入手したさまざまなセンシングデータを活用することで、街路灯をまちの安全や防災に繋げる新たな可能性を研究する。オプテックスは、各種センサーから得られるデータの提供を行い、同実証実験に取り組む。

なお、街路灯には低消費電力と広領域を特徴とする無線通信LPWAの一つである、Sigfoxに対応した無線通信機を設置し、センサーデータは遠隔地から一括監視を行い、取得したデータの有効性や街路灯活用の可能性を杉並区の協力を得て研究する。

各種センサーの特長は以下の通りである。

  • 人感センサー
    人流データを収集し、行政の基礎情報やサービス向上に活用
  • 傾斜、揺れセンサー
    街路灯の傾きや揺れを検知し、腐食や老朽化による倒壊や破損の予兆をお知らせ、災害予防として活用
  • 冠水センサー
    道路の水位レベル計測し、冠水情報のお知らせ、住民の安全や水害対応に活用
  • 電流センサー
    街路灯の電球切れによる不点灯を監視し、早期発見・早期修繕を行い、夜間の交通安全や防犯に活用
  • 温度センサー
    周囲の温度や設備の温度を測定し、温度情報の把握に活用
Previous

東急リバブル、賃貸マンション「リバーレ」シリーズにIoT機器を拡充

タイムズ24、ESRの物流施設で予約制駐車場マッチングサービス「B-Times」を提供開始

Next