NICT、IoTテストベッド事業及び地域データセンター事業への助成金交付を決定

国立研究開発法人情報通信研究機構は、新技術開発施設(以下、IoTテストベッド)供用事業及び地域特定電気通信設備(以下、地域データセンター)供用事業への助成金交付対象事業を決定した。

同事業は、IoTの実現のための新たな電気通信技術の開発・実証のための設備「テストベッド」の整備及び膨大なデータの流通に対して重要となる施設であるデータセンターの地域分散化を促進することを目的として、新技術開発施設供用事業及び地域特定電気通信設備供用事業の実施に必要な資金の一部を助成するものだ。

助成金交付対象事業の公募は、平成30年12月3日から平成31年1月31日まで行われ、外部有識者からなる評価委員会の評価を経て、IoTテストベッド事業1件、地域データセンター事業3件の計4件の事業に33,447千円の交付を決定した。

出典:総務省ホームページ

Previous

オムロンと京都府舞鶴市、地方都市のスマート社会実現に向けて連携協定締結

IoT人気記事ランキング|日本の出遅れ感の本質 ハノーバーメッセレポートなど[4/8-4/14]

Next