Social Area Networks、カード型IoTデバイスで屋内外の位置情報をシームレスに測定するシステムソリューションを開発

株式会社Social Area Networksは、人・モノの位置情報を1枚のJcardデバイスで屋内外関係なくシームレスかつリアルタイムに位置情報が測定でき、生産性向上や安全性の確保に貢献するシステムソリューション「Live Location Service(以下、LLS)」を開発した。

LLSは、Jcardデバイス、Jboxネットワーク管理サーバ、Gway基地局、Gair中継器を使用して簡単にLoRa Privateネットワークを構築できるサービスだ。クレジットカードサイズの位置情報共有IoTデバイスであるJcardからの情報をJboxサーバで集約し、そのデータをAPIを通じて提供することで、人やモノの位置がリアルタイムにわかる。

室内灯でも充電可能なソーラーパネルを備え、LoRa Privateネットワークを介して勤怠管理や固定資産の管理、子どもや老人の見守りなどで活用できる。屋外の場合は、JcardがGPS測位しながら2秒周期でLoRAを使用して、基地局に位置情報を更新する。

LLS向けスターターキットには下記が含まれおり、サーバーは同社の用意する6ヶ月から利用可能なクラウドサービスを利用することで、即座に使用可能だ。

  • Gway2-1台
  • Jcard-2枚
  • Gpow-2台
  • クラウドサービス(6か月から)
  • ビーコン-3個
位置情報共有 IoTデバイス Jcard シーン別利用例
Previous

IoT人気記事ランキング|DLLAB 2019 基調講演など[6/24-6/30]

NECがユーザデータ活用基盤ソフトウェア「NC7000-3A」を強化、Webブラウザで生体認証ログインを実現

Next