「新たな顧客接点」としてのラストワンマイルへの取り組み―SORACOM Discovery 2019レポート4、ダイハツ・日本郵便・電通登壇

2019年7月2日に品川で開催された「SORACOM Discovery 2019」内にて「IoTがつなぐ、ラストワンマイルへの挑戦」と題された講演が開かれ、ダイハツ・日本郵便・電通の三社がパネリストとして登壇した。

本稿ではダイハツ、日本郵便のラストワンマイルへの具体的取り組みと、講演後半に行われたディスカッションの模様を紹介する。

新たな顧客接点としてのラストワンマイル

講演では、まずモデレーターを務めるStill Day One合同会社・小島英揮氏より、テーマであるラストワンマイルの定義が解説された。

「新たな顧客接点」としてのラストワンマイルへの取り組み―SORACOM Discovery 2019レポート4、ダイハツ・日本郵便・電通登壇
モデレーターを務めるStill Day One合同会社 小島英揮氏

物流業界などで言われるラストワンマイルとは、ネットワークやモノをエンドユーザーに届ける最後のプロセスを意味する。今回の講演では「新しい価値創造を実現するための、新しい顧客接点」という観点からラストワンマイルを捉え直し、考察を進めると小島氏は語った。

その上で、来場者にはビジネスにおけるラストワンマイルとは何かを知ってもらい、自社のビジネスに活用できるロールモデルをパネリストの中から見つけ出してもらうのが、講演の目的だという。

次ページは、「ダイハツの取り組み

Previous

大日本印刷とva-Q-tec、開けずに内部のICタグを外から読取り内容物確認ができる電波透過型断熱ボックスを共同開発

大阪商工会議所と東京海上日動他2社、サイバーセキュリティお助け隊実証事業に向けて協働、実証事業開始を発表

Next