キヤノン、ユニバーサルロボット製協働ロボット専用の画像処理ソフトウエア「Vision Edition-U」を発売

近年、人件費の高騰や人手不足などから生産現場の自動化に対するニーズが高まっている。このような中、キヤノン株式会社では、ネットワークカメラや産業用カメラなどのイメージング製品および、画像処理ソフトウエア「Vision Edition」などを活用した生産現場の「見える化」を推進している。

このほど、同社は、生産現場の自動化を支援する画像処理ソフトウエア「Vision Edition-U」を2019年10月上旬から発売する。「Vision Edition-U」は、協働ロボットを提供するユニバーサルロボット(以下、UR)製ロボット専用の画像処理ソフトウエアだ。日本企業で初めてURの認定製品プラットフォーム「UNIVERSAL ROBOTS+」の認証を取得した。

キヤノン製のネットワークカメラなどと組み合わせ、UR製の協働ロボットと連動することで、ロボットの手元から作業場の周囲まで、用途に応じて撮影・画像処理を行い、ロボットの「眼」の役割を担う。

例えば、ロボットによる部品のピック&プレイス作業(※)で、画像処理により作業の抜け漏れを発見・防止したり、ロボットで部品を電子はかりに乗せる作業で、デジタルで表示される重量を画像処理で認識し、基準を満たしているか確認を行ったりするなど、協働ロボットの作業に付加価値を与える。

協働ロボットの特徴は、人との協働作業を前提に設計されており、生産現場の規模や種類に応じて、容易かつ柔軟に活用できることだ。「Vision Edition」は、ネットワークカメラが持つ光学ズームやオートフォーカス、パン・チルトなどの機能を用いた柔軟な画像処理設定が可能で、特殊なプログラミングを必要とせず容易に導入できる。

URの協働ロボットと「Vision Edition-U」を組み合わせることで、さまざまな生産現場の自動化に向けたソリューションを提供することが可能になる。

※特定の位置にある部品をつまみ上げ、決められた位置まで部品を移送する一連の作業。

Previous

ABEJAとALBERT、AIの社会実装を促進するため業務提携

マイクロソフト、MaaSの実現に向けてAI・IoTを活用した支援策を開始

Next