IDCフロンティア、IoTハッカソン「サバフェス!2016」開催

株式会社IDCフロンティアは、IoTハッカソン「サバフェス!2016- Health Engineering with IoT -」を開催する。

IoT技術が身近になり、「カラダ」のライフログをとれるようになった。旧来より、運動、食生活改善程度であった健康管理が、いまIoTで大きく変わろうとしている。

そこで、今回のテーマは「健康」とし、myThingsのIDCFチャネル、Raspberry Piなどを使って、健康に関するアイデアを形にしたプロトタイプを発表する。

 

「サバフェス!2016- Health Engineering with IoT -」概要

日程

3月17日(木) 18:30~21:30-説明会
3月18日(金) 18:30~21:30-初心者向けハンズオン
3月26日(土) 13:00~20:30-発表会、表彰式

定員

最大100名(1チーム 1~5名のチーム制)
※応募者多数の場合は、先着順。
※学生枠が10名分ある。

参加費

無料

 

応募方法など詳細は、「サバフェス!」イベントページを要確認。

 

【関連リンク】
IDCフロンティア(IDC Frontier)
「サバフェス!2016- Health Engineering with IoT -」

Previous

ジェイアイエヌ、スポーツ・フィットネス領域におけるJINS MEMEの活用メソッドを発信するオウンドメディア「JINS-MEME .Fit」をスタート

NEC、「東京マラソン 2016」でICTを活用した先進警備システムの実証実験を実施

Next