DNP、最新のIoT機器を体験できる「boxsta」を渋谷に開設

企業:

大日本印刷株式会社(以下、DNP)は、最新のIoT機器を実際に体験できるショールーミング店舗「boxsta(ボクスタ)」を2019年11月28日から12月25日の期間、東京都渋谷区の渋谷スクランブルスクエア2階POPUPスペースに開設すると発表した。

「boxsta」では、主にスタートアップ企業が開発した、発売前のものを含む国内外のIoT機器約25点が展示され、体験できる。専門スタッフが商品の説明を行い、来店客に体験を提供することで、ECサイトの閲覧だけではわかりにくい商品への理解を促す。

また、出品企業に対しては、ラトナ株式会社との協業により店内のカメラとマイクを使用して、来店客の動きや声などを映像と音声(テキスト)データで取得する。データはセンシング(計測~数値化)し、AIで解析してマーケティングデータとして、出品企業にフィードバックする。

DNPは、期間限定での「boxsta」の運営結果を活かして、2020年度にセンシング技術とAI技術を組み合わせた次世代型のショールーミング店舗の事業化を目指す。

Previous

ソフトバンク、コロンビア共和国におけるコメ栽培の生産性向上への取り組みに農業AIブレーン「e-kakashi」を納入開始

FRONTEO、AIを活用してSNS・掲示板の書き込みをチェックするソリューションを開発

Next