NTTドコモとタカラトミー、ダンボールロボットによるプログラミング教育サービス「embot」の共同事業を開始

文部科学省は、2020年に小学校のプログラミング教育を必修化することを発表した。将来的な日本のIT人材の不足が懸念されている中、様々な教材が提供され始めているが、実際にITの最前線で活躍出来る人材育成につながる、プログラマーの視点で開発された教材は少なく、高価であるため、広く普及するには至っていないのが現状だ。

株式会社NTTドコモ(以下、ドコモ)では、「プログラミング」を誰もが自由に扱え、便利な生活を自らの創造力や工夫で作り出していくことができる人材を多く増やしていくことを目指し、タブレットの販売などを通じて教育現場のICT環境整備の支援を行うとともに、ドコモの新規事業創出プログラムである「39works」にて、ドコモのプログラマーチームを中心に「embot(エムボット)」の開発を行ってきた。

「embot」は、ダンボールを用いたロボットを自由に組み立てることで電子工作やものづくりの基礎を学ぶとともに、このロボットをタブレットやスマートフォン上でのビジュアルプログラミング(※)を通じて子どもでも簡単に操作することができるプログラミング教育サービスだ。

NTTドコモとタカラトミー、ダンボールロボットによるプログラミング教育サービス「embot」の共同事業を開始

今回、ドコモは株式会社タカラトミーと業務提携契約を締結し、「embot」の共同事業を開始する。これにともない、プログラミングアプリで動かすことができるダンボールロボットキット「e-Craftシリーズ embot」を、11月30日からタカラトミー公式ショッピングサイト「タカラトミーモール」で発売する。全国の玩具専門店、百貨店・量販店等の玩具売り場、インターネットショップでは、2020年春に発売する予定で、希望小売価格は6,000円(税抜き)だ。

両社は、新機能を追加した新バージョン・新製品の開発も検討を開始している。カメラやスピーカーを活用したIoT・高機能化や、ダンボール外装のラインナップ追加などを通じて、より楽しく、より幅広くプログラミングや電子工作を学べるシリーズとしての展開を予定している。

また、2020年度に開始するプログラミング教育必修化に向けて、全国の地方自治体や教育委員会との連携や学校授業のサポートとして、教育ICT環境の整備推進やプログラミング教室の開催などを共同で推進する。教育現場のフィードバックによる「embot」を活用した教材開発や実証実験も実施する予定だ。

さらに、ドコモは、スマートフォン教室にて「embot」を活用したプログラミング教室を実施する。プログラミング教室は無料版1回、有料版6回の7つのカリキュラムで、プログラミング教育サービス「embot」を使って、子どもの「論理的思考力」、「問題解決力」等のプログラミング的思考を養う。2020年2月から関東地区の18店舗で開始し、順次拡大予定だ。

※ プログラミングを絵や図形を組み合わせて行う方法

Previous

CarstayやNTT東日本などがシェアリングエコノミーで連携、NTT東日本の保有駐車スペースを車中泊スポットとして提供

IoTNEWS&IoTビジネス共創ラボ共催イベント開催レポート

Next