産業用ドローンの利用方法

日本国内では、産業用無人ヘリコプターの歴史は長く、主に農薬散布を目的として利用されてきた。

近年では、マルチコプター型のドローンが、操作が比較的に容易なことから普及が進み、様々な分野でドローンの利用が始まっている。

本記事では、産業用のドローンの利用方法の一部に関して、記事を織り交ぜながら紹介する。

警備

[参考記事]
KDDIグループとセコム、AI・ドローン・ロボット・5Gを活用したスタジアム警備の実証実験を実施

国際的なスポーツ大会や会議など大規模なイベントでは、不測の事態に対する警備が非常に重要であり、より厳重なセキュリティ対策が求められる。

ドローンを使用し高い視点から撮影することで、高域かつ死角を減らして警備を行うことができる。

ドローンで警備を行うためには、撮影した高精細な映像をリアルタイムで確認する必要がある。

そのために、大容量の撮影データを処理できるような通信インフラの整備や、ドローン側で処理が行えるようなエッジでの機能が必要になる。

点検

[参考記事]
東芝、ドローンを活用したプラント施設や高所設備の点検技術を開発

建物などの点検作業は、高所や立ち入りが困難な場所など危険を伴うことがある。また、高度経済成長時に建設された施設は劣化が進んでおり、保守点検の必要性が増す一方で人材不足が問題となっている。

ドローンを使用し点検を行うことで、作業者が点検しづらい場所も点検を行うことができる。撮影した画像を解析にかけることによって傷やヒビを特定することが可能だ。

点検を精度よく行うためには、ドローンによる撮影をどれだけ精度よく行うことができるかが重要であるが、風やドライバーの技能に大きな影響を受ける。

安定した飛行を行うためには、性能が良く高価な機体を購入したり、ドライバーの技術を向上させたりする必要がある。

物流

[参考記事]
ANA・LINE・ACSL・ドコモなど、ドローン宅配サービス実現に向けた検証を福岡で実施

物流業界では小口顧客の増加などの影響を受け、ドライバー不足が喫緊の課題だ。

ドローンを使用し配送を行うことができれば、ドライバー不足を解消することができる。空中を走行するため渋滞や交通状態の影響を受けない。

しかし、安全性や目視外飛行など課題は多い。飛行中にトラブルが発生した場合、配送中の荷物や機体が歩行者の頭上に落ちてしまう場合も想定される。

建物同士の距離が遠い地方の方に需要が大きいように感じるが、その場合目視外でも正しく飛行できるかが重要になる。ドローン1台に対し、ドライバー1人が必要になるとメリットはあまり感じられない。

 

今後さらに産業用ドローンを活用していくためには、機体の性能向上だけでなく、周辺環境を整備してく必要がある。

単純にドローンを精度よく飛ばすだけではなく、問題なく飛行させるための法整備や、ドローンに搭載する技術の開発などだ。

安全に飛ばせる環境が整うことで、産業でのドローンの利用もますます進むのだ。

Previous

IoTで変わる原価管理、mcframeで進む現場データの経営での活用 ―B-EN-Gインタビュー

睡眠問題を解決する、スリープテックとは

Next