富士通やNTTグループなど、地方創生・ゴルフ場経営改善に向けて5Gの実証試験を開始

昨今、日本では社会構造の変化などにより地方創生に向けた動きが進む中、次世代のICT基盤インフラとして期待される5Gの研究開発を進めることで、地方での5Gインフラや関連サービスの普及が期待されている。

そこで、NTTコミュニケーションズ株式会社(以下、NTT Com)と、株式会社NTTドコモ(以下、ドコモ)、株式会社ミライト、富士通株式会社、株式会社長野京急カントリークラブ(以下、長野京急CC)は、ゴルフ場経営改善の実現に向けて、長野京急CCで、5Gの実証試験を、2019年11月11日から11月15日まで共同で実施している。

同試験では、長野京急CCの1番ホールに28GHz帯の5G通信エリアを構築して、ゴルフプレイヤーのショット映像で弾道分析をすることで落下地点を予測し、その結果をプレーヤーのタブレットや次世代ディスプレイカート(※1)に表示させる「落下地点予測」と、ティーショットの映像を4K360度カメラで撮影し、高精細な映像を5G端末などにライブ配信する「ライブ映像伝送」の試験を行った。

  • 落下地点予測
    ティー後方にカメラを設置し、撮影したショット映像を富士通および株式会社GPROが提供する弾道分析システム(※2)により分析し、ボールの落下地点予測を実施した。その予測結果を、5Gを介して次世代ディスプレイカートおよびプレーヤーのタブレットに表示させることに成功した。これにより、プレーヤーのボール探しの時間短縮が見込まれ、プレーの回転率を向上することでゴルフ場の経営改善に貢献できる可能性がある。
    富士通やNTTグループなど、地方創生・ゴルフ場経営改善に向けて5Gの実証試験を開始
  • ライブ映像伝送
    プレーヤーのティーショットを、2か所設置した4K360度カメラの超高精細映像で撮影した。撮影した4Kライブ映像は富士通が提供する4K映像伝送システム(※3)を使用し、5Gを介して次世代ディスプレイカートおよびプレーヤーのタブレットへ伝送した。この4K映像伝送には上り方向の安定した伝送容量が必要となるが、5Gの超高速通信により安定した映像伝送を実現した。次世代ディスプレイカートでは複数のディスプレイを設置し、5G通信エリアで途切れることなく受信した4Kライブ映像を表示することができた。これにより、プレーヤーが自分のショットもしくは前後の組の映像を楽しむことができる。
    富士通やNTTグループなど、地方創生・ゴルフ場経営改善に向けて5Gの実証試験を開始

同試験で11月13日には、複数基地局設置、複数端末を接続した環境で5G端末を搭載した次世代ディスプレイカートを移動させる中で平均1Gbpsを超える通信に成功した。また、ボールの落下地点を利用者にスムーズに示し、他のコンペメンバーともリアルタイムに互いのプレー状況が確認できた。

同試験を通して、ゴルフ場でのプレーと5Gを融合させることにより、ゴルフ場の経営改善課題であるプレー回転率およびユーザビリティの向上を解決し、利用者の満足度向上や利用機会の創出をめざす。

なお、同試験はNTT Comが実施主体となり、総務省から請負った2019年度5G総合実証試験「移動時において複数基地局、複数端末の環境下で平均1Gbpsを超える高速通信を可能とする第5世代移動通信システムの技術的条件等に関する調査検討」として実施している。

※1 5Gの低遅延、大容量、高速の特長を活かし、カート付近にいる通行人に向けて高画質な映像を、カートに搭載された高精細な4Kディスプレイに表示することが可能。
※2 高速カメラセンサーによりゴルフボールを追尾し、ショットデータおよびボールの弾道を分析するシステム。
※3 4K360度カメラの映像を富士通のリアルタイム映像伝送装置IPシリーズ「IP-HE950E」を介して、プレーヤーのタブレットに高画質、低遅延で伝送するシステム。

プレスリリース提供:富士通

Previous

ノバルスが中部電力・日東工業と資本業務提携、MaBeeeを活用したみまもりサービスやインフラ設備のモニタリングサービスを開発

端末間の境目をなくしAIスマートライフを実現する ーファーウェイ新製品発表会レポート

Next