スマートスピーカー市場44.9%成長でもGoogleは4位に、なぜ?

シンガポールの調査会社Canalysによると、2019年第三四半期のスマートスピーカーの市場は、44.9%成長で286億ユニットに達したということだ。そして、この成長を下支えしているのが、ディスプレイ付きのスマートスピーカーだ。

実際Echo Show Sは、アマゾンのグローバルに出荷でも21%を占めているという。Amazonはこういったヒット商品がどんどん登場し、シェア1位をキープしている。

バイドゥに至っては、61%がディスプレイ付きだ。

ちなみに、マーケットシェアで見ると、1位のAmazonが36.6%、2位はアリババが13.6%、3位はバイドゥで13.1%、Googleは4位で12.3%だということだ。

ちなみに、中国のスマートスピーカーは、アリババが「天猫精霊」、バイドゥが「百度小度」、シャオミは「小米小愛」という製品だ。

アリババの「天猫精霊」は、AIエージェントで、ホンダとも提携して、自動車の音声応答システムに活用されている。

8月26日の第二四半期のレポートですでに、Googleは2位から陥落し、3位となっていた。

Googleはどうしたというのだろう。

規模の大きい中国市場で、Google製品は販売できないので、アリババやバイドゥが成長している(中国市場が成長している)局面でも、簡単には成長できないということは言えるかもしれない。

一方で、Amazonの成長を見ている限り、必ずしもこれだけが要因ともいえなさそうだ。

実際Googleのスマートスピーカーのラインナップは少なく、現在わずか3種類だ。

また、アリババやバイドゥの場合、すでに中国に多くの「お金を払う」ユーザを持っており、他のサービスが使える状態であることから、スマートスピーカーへの接続と利用がスムーズに移行しやすい環境にあるといえる。

特に、中国ではメッセンジャーのやりとも音声で行っていて、音声でのやり取りに抵抗感がないことを考慮すると、今後もっとも成長する市場なのかもしれない。

[ソース:Canalys]
Previous

スゴイ電池で、当たり前の壁を乗り越える

IoT人気記事ランキング|日本語の書き起こし精度を試してみたなど[11/18-11/24]

Next