STマイクロエレクトロニクス、±0.25°Cの測定精度と省電力モードを持つ温度センサを発表

STマイクロエレクトロニクス(以下、ST)は、±0.25°C(Typ.)の精度、低動作電流、低スタンバイ電流を特徴とする温度センサ「STTS22H」を発表した。同センサは、アセット管理システムや荷物輸送用ロガー、冷暖房空調設備システム、加湿器、冷蔵庫、ビル自動化システム、およびコンスーマ向けのスマート機器で、温度と熱流の測定精度を向上させる。

STTS22Hは、I²CとSMBus 3.0に準拠している。出力データ・レート(以下、ODR)は最低1Hzで、ワン・ショット・モードでさらに低頻度で起動できる。SMBusのアラート応答アドレスに対応した割込みピンなど、柔軟性の高い動作モードを備えている。温度が利用者の設定した閾値(上限・下限)を超えた場合は、アプリケーションにインタラプト信号を発生させることも可能だ。また、I²C / SMBusスレーブ・アドレスは2通り選択ができ、最大2個のSTTS22Hが同一のバスを共有できる。

消費電力は、1Hz ODR動作時に2.0µA、ワン・ショット・モードによる周期的な測定時に1.75µAと低く、バッテリ駆動機器の長時間動作に貢献する。さらに、シリアル・ポートが無効化されるスタンバイ・モードでは、標準値が0.5µAになる。動作電圧範囲は1.5~3.6Vで、小型のリチウム電池など、さまざまな電源で使用可能だ。

STTS22Hは、5msのデータ変換時間で高速に動作し、16bitで温度データを出力する。また、周囲温度を正確に出力するために、金属製の放熱パッドを持つパッケージに実装されている。さらに、-10°C~60°Cの範囲で±0.25°C(Typ.)の精度となるように較正された状態で出荷される。

STTS22Hは現在量産中で、1000個購入時の参考価格は、約0.49ドルだ。

Previous

ソフトバンク・ハートネットワーク・新居浜市が連携、ICTを活用したスマートシティの実現に向けた取り組みを推進

粘度や水分を可視化、分析して食感の良いチーズ作りを行う

Next