LINE・メルカリ・警視庁・中央大学、サイバーセキュリティ人材育成に向けて産官学連携

近年、政府が提唱するSociety5.0の実現には、AI技術や通信技術などの科学技術を活用するだけではなく、その最新の技術を扱う人材のリテラシー向上が必要だ。また、昨今の犯罪はサイバー空間との繋がりを切り離すことが困難な状況となっており、警視庁ではサイバーセキュリティの知識、技能を有した人材の育成を急務としている。

このような中、サイバーセキュリティ人材育成に関する教育・研究活動の交流及び連携・協力を推進することを目的に、LINE株式会社、株式会社メルカリ、警視庁サイバーセキュリティ対策本部、中央大学は、「サイバーセキュリティ人材の育成に関する産官学連携についての協定」を締結した。

協定の内容は以下の通り。

  • 教育、研究の発展・向上に関する相互支援
  • 学生・教職員、職員、社員の相互交流
  • 人材育成、キャリア形成に資する支援
  • サイバーセキュリティ分野における社会協力、社会貢献

LINE・メルカリ両社の提供するサービスは青少年の利用が多いため、まずは産・官・学連携の上で青少年向けのサイバーセキュリティ教育に取り組む。また今後は、サイバーセキュリティの中核を担う人材の育成も目指すとした。

Previous

Agoopと同志社大学、AIを活用した発災時の異常検知システム開発に向けた共同研究を開始

NTT-ATなど、RPAを用いたコンプライアンス管理ソリューションを提供開始

Next