村田製作所、極小サイズのモバイル機器向けPTCサーミスタの量産を開始

スマートフォンをはじめ、モバイル機器の高機能化・小型化が進んでいる。これに伴い電子回路の安定性を確保する小型の回路保護部品のニーズが高まっている。これまでモバイル機器では、電子回路の温度コントロールにNTCサーミスタが広く使用されていた。NTCサーミスタとは、Negative Temperature Coefficient Thermistorの略で、温度が上がると、熱に過敏に反応する抵抗値が下がるタイプのもので、電子回路の温度検知、温度補償の用途に使われる。

このほど、株式会社村田製作所は、10603Mサイズ(0.6×0.3×0.3mm)のモバイル機器向けPTCサーミスタ、通称リセッタブルヒューズ(※)「PRG03BC181QB6RL」の量産を開始した。PTCサーミスタは、Positive Temperature Coefficient Thermistorの略で、一定の温度を超えると抵抗値が急激に上昇するため、モバイル機器の組み立てや落下時に起こる回路の過電流を検知して、モバイル機器の異常や故障を防ぐ。

同製品は、従来品(1005Mサイズ)に比べて、体積比で約80%、実装面積比で約70%の小型化を実現した。また、独自のセラミックス材料を用いて、長期間安定した特性を維持することができ、電子機器の安全性向上に貢献する。同製品を搭載することで、ショート異常対策ができるようになり、より製品の安全性が向上する。

  • 高機能スマートフォンや小型ウェアラブル機器に適した最小サイズ(0.6×0.3×0.3mm)
  • 同社のセラミックス技術を活用し、抵抗変動が小さく、高温環境下での長期安定性に優れる
  • 使用温度範囲-20°C~+60°Cに対応

※ 誤接続や短絡などによる過電流発生時に動作し回路保護を行う。過電流が除かれれば自動的に元の状態に復帰し、繰り返し使える。

Previous

SBドライブとPerceptInが協業、自動運転車両運行プラットフォーム 「Dispatcher」の対応車種拡大へ

アムニモ、月額課金制「簡易無線水位計測サービス」の申し込みを開始

Next