NTTPCとセンスウェイが協業、閉域型LoRaWANサービスを提供開始

近年、IoTの活用が様々な分野で急速に広がってきている。一方で、外部からのサイバー攻撃リスクは高まっており、IoTデバイスを狙った攻撃も増加している。このような中、セキュアなネットワーク環境でIoTを利用したいというニーズが高まってきている。

そこで、株式会社NTTPCコミュニケーションズ(以下、NTTPC)とセンスウェイ株式会社は、閉域型LoRaWANの事業化に向けた開発・販売面で協業し、センスウェイは2月4日から閉域型LoRaWANサービスの提供を開始する。

LoRaWANとは、LPWAの一種で、LoRa Allianceが定めた無線ネットワーク規格の名称だ。IoT向けの通信規格で、世界的に広く利用されている。

センスウェイが提供するLoraWANサービス「SenseWay Mission Connect」にNTTPCのMaster’sONE IP-VPN閉域網を活用することで、IoTで機密性の高いデータを取り扱う自治体、製造業、建設業などセキュリティを重視する顧客専用で、セキュアな閉域網で接続できるLoRaWANサービスを実現する。

また、鉄道車両、自動車など移動体への基地局設置が可能であり、一時的な利用の際も、基地局を常設することなく、センサーデータなどを安全に送受信することができる。

閉域型LoRaWANサービスの特長は以下の通り。

  1. スピーディーにIoTネットワークの立ち上げが可能
    プライベートLoRaの場合、顧客自身で全ての設定をしなくてはならず、導入まで非常に手間がかかるが、閉域型LoRaWANサービスを利用することで基地局、管理サーバーなどの運用が不要になり、簡単に利用開始することができる。温湿度センサー、GPSトラッカー、開閉センサーなど多数のLoRaWAN対応デバイスにも対応しており、スピーディーな立ち上げが可能。
  2. 閉域網を利用することで高いセキュリティを確保
    インターネットを経由するLoRaWANはサイバー攻撃などのセキュリティリスクがあるが、閉域型LoRaWANサービスではインターネットに接続せず、顧客ごとのNTTPC閉域網で利用するため、安全にIoTデータの送受信ができる。鉄道車両、自動車など移動体に閉域型の基地局を設置することで、移動中でも複数のセンサーデータを安全に取得することが可能だ。
  3. 初期コストを低減
    自営で基地局を設置するプライベートLoRaでは、LoRa基地局の設置など顧客が負担する初期コストが高くなるが、閉域型LoRaWANサービスを使うことで初期コストを低減し、費用を平準化することができる。

今後、センスウェイとNTTPCは、閉域型LoRaWANサービスに関する開発・販売の協業協定に基づいて、共同でマーケティングおよび販売活動を実施する。NTTPCは、2020年2月のサービスリリースと同時に、センスウェイの閉域型LoRaWANの再販を開始して、自治体、製造業、建設業等への販売活動を展開する。

Previous

NTT東日本とインフィック、IoT見守りセンサーを活用した独居高齢者の見守り実証実験を開始

ソフトバンク・WCP・大成建設、5G活用でトンネル工事現場の安全管理を行うi-Constructionの実現に向け実証実験を実施

Next