山梨県とNEC、ローカル5GやAI・IoTなどの社会実装に向けて包括連携協定を締結

山梨県では、地域活性化として、これまでローカル5Gの利活用に向けた実証やAI人材育成の枠組み整備などに向けた検討を進めてきた。そして、本日、山梨県と日本電気株式会社(以下、NEC)は、ローカル5GやAI・IoTなどの未来技術の社会実装による「近未来の窓口」の実現を目的に、包括連携協定を締結した。

これにより、ローカル5GやAI・IoTなどの先進ICTを活用して、オープンデータなどを用いた地域活性化や産業の強化、人材育成など幅広い地域課題の解決に向けた取り組みを推進する。連携協定を通じた取り組みは下記の通りだ。

  • ローカル5G利活用による山梨県内の地域課題解決に向けた実証
  • AI人材育成の枠組み整備、AI活用を推進するための人材育成
  • 顔認証サービスによる観光事業促進や安心・安全な街づくりに関すること
  • 健康・医療分野でのICTやAIの活用に関すること
  • ICTなどの活用による新たな教育の推進
  • ビッグデータの活用による農業や観光業など地域産業の強化
  • 地域貢献活動に関すること
  • その他、県民生活の向上、安心して暮らせる社会の実現に関すること
Previous

IoT人気記事ランキング| 三菱電機のAIで曖昧な命令を理解する技術など[1/27-2/2]

京都大学とNTT、臨床情報を管理・統合する医療リアルワールドデータを構築する新会社設立

Next