バニーホップ、Raspberry Piを利用したコスト1/10で高精度なIoTプラットフォーム「IoT for SENSE」を発表

株式会社バニーホップは、Raspberry Piを利用して加速度、温度、電流などを、高精度にセンシング可能なIoTプラットフォーム「IoT for SENSE」をリリースしたことを発表した。

 

「IoT for SENSE」の特徴

・Raspberry Pi向けに、独自にセンシングに特化したOSを開発、データの欠落がなく、高精度のセンシングが可能。

・秒間数kHzでサンプリングし、5秒毎にクラウドにアップロードされる。データ形式はビッグデータとして分析が容易。

・ネットワーク障害時は、データをRaspberry Pi上に一時保存し、復旧後に自動でデータを再送信する。

・Raspberry Piを利用しているため、低コスト、短納期。

・Raspberry Pi上のソフトウェアはクラウドからアップデートが可能、ハードウェアのバグ改修や機能追加がリモートでできる。

・安価に多数のセンサーを配置し、クラウドでデータを一括管理する。

 

コスト1/10で高精度なセンシング

・「IoT for SENSE」は1台あたりのセンサー端末コストがこれまでの10分の1程度で提供が可能になる。センサー端末を多台数で設置でき、多箇所から高精度のデータ分析を可能にする。今までミクロで計測していたデータが、マクロで把握できるようになる。

・例えば温度計測をする場合、一点では温度上昇がわかるだけだが、多点計測することで部分別に温度がわかるので、発生源の特定ができるようになる。

バニーホップ、Raspberry Piを利用したコスト1/10で高精度なIoTプラットフォーム「IoT for SENSE」を発表

センシングに特化した独自のOSは、リアルタイム処理が可能で、センシングのプロセスを最優先する。

 

「IoT for SENSE」の販売について

・「IoT for SENSE」は搭載するセンサーを選ばないため、各分野への適用が可能。

・クラウド上のソフトウェアとRaspberry Pi用のOSをライセンス提供する。

・「IoT for SENSE」上で動作するアプリケーションを、独自仕様にカスタマイズ開発が可能。

 

今後の見通し

・数十台~数百台程度の小ロットで、オリジナルハードウェアがほしいニーズに応えていく。

・既に導入実績があり、研究機関、小売、マーケティングなど、特に多点でのデータ分析ニーズがある分野に導入を進めていく。

 

【関連リンク】
バニーホップ(Bunnyhop)

Previous

3D Roboticsとオートデスク、ドローンによる測量・3Dデータ作成で協力。国交省のi-Constructionへの対応を支援

タイムズモビリティネットワークス、小型電気自動車のレンタル業務を受託。タイムズカーレンタルで一人乗り電気自動車「コムス」に乗れる

Next