ソフトバンクとテレビ朝日、5G活用でライブ映像をテレビ局で遠隔操作・編集可能に

近年、インターネットテレビや動画配信サービスなど、インターネットを活用した映像サービスや高精細な4K映像などの臨場感ある映像コンテンツの需要が高まっている。しかし、放送業界では映像の高度化に伴って番組制作での作業負荷や、編集機材のコスト増加などが課題となっている。

そこで、ソフトバンク株式会社と株式会社テレビ朝日は、このようなニーズや課題に対して、5Gを活用した実証実験を行った。同実証実験では、沖縄県のプロサーファーがサーフィンする姿を3台のカメラでライブ撮影し、5Gを活用して都内にあるソフトバンクのデータセンターまで伝送し、テレビ朝日の本社から遠隔でスイッチング操作できることを確認した。スイッチング操作とは、全映像を遠隔視聴し必要な映像のみを切り換えて転送することである。

全ての映像はソフトバンクのデータセンターに設置したサーバー内へリアルタイムで保存され、テレビ朝日の映像制作のエンジニアが遠隔で編集を行えることも確認した。これにより、これまで撮影現場の中継車などで行っていたスイッチング操作や映像編集をテレビ局から効率的に行うことが可能になる。

Previous

KDDIとJAL、5Gの利用を開始

経産省、「IoTセキュリティ・セーフティ・フレームワーク(案)」のパブリックコメントを開始

Next