フィットビット、「Fitbit Charge 4」を発表 GPS内蔵・睡眠スコアなど新機能を搭載

フィットビットは、「Fitbit Charge 4(フィットビットチャージフォー)」を4月14日に税込価格21,980円で発売する事を発表した。

「Fitbit Charge 4」はスマートトラッカー「Fitbit Charge」シリーズの最新モデル。「Charge 4」の主な新機能は、以下の通りだ。

Active Zone Minutes機能

ユーザーの心拍数を把握し、HIIT(高強度インターバルトレーニング)やパワーヨガ、屋外での高強度ウォーキングといった運動における、心拍数の目標値を計算する。心拍数をコントールするために、運動の強度の上下を知らせるアラート機能も付いている。

「Active Zone Minutes」機能で、心拍数ゾーンを確認し、効果的な運動を目指す
「Active Zone Minutes」機能で、心拍数ゾーンを確認し、効果的な運動を目指す

GPS搭載

GPSをトラッカーに搭載することにより、スマートフォンを自宅に置いた状態でもランニングやウォーキングにおける距離や移動スピードを追跡できる。GPSを使うエクササイズモードは7種類用意されており、フィットビットアプリ内のヒートマップ機能と同期すれば、辿ったルートに沿って心拍数ゾーンごとの運動強度を確認できる。

睡眠管理に関する機能

睡眠の質を追跡する睡眠スコア機能のほか、睡眠スケジュールを管理するためのアラーム機能やスリープモードを搭載する。また、これまでフィットビットのスマートウォッチにのみ搭載されていたスマートウェイク機能(機械学習を使って適切なタイミングでユーザーの目を覚ます機能)が近日提供される予定だ。

睡眠スコアなど、睡眠管理における機能も追加
睡眠スコアなど、睡眠管理における機能も追加

血中酸素濃度の変動を測定

デバイス背部に装着された赤色センサーと赤外線センサーの組み合わせを使い、血中酸素濃度の変動を測定する。

Spotify-Connect&Controlを搭載

音楽の出力、再生、シャッフル、スキップを操作できる「Spotify-Connect&Control」を搭載し、運動中に曲を選択して聴くことが出来る。

なお、専用の織バンドが付いた「Special edition」も税込価格25,990円で同時発売する。

Previous

経産省、「IoTセキュリティ・セーフティ・フレームワーク(案)」のパブリックコメントを開始

NTTアドとKaizen Platform、5Gの実用化に伴い動画を中心としたDXコンサルティングを行う合弁会社を設立

Next