ISID、写真の最適な構図を切り出すAI技術「Image Molder」の実証実験をこども園で実施

近年、スマートフォンやSNSの普及により、日常風景の写真を記録・共有する事が身近になっている。また、360度カメラといった新技術の搭載が普及し始めたことで、写真の活用場面が増えている。

株式会社電通国際情報サービス(以下、ISID)のオープンイノベーションラボ(以下、イノラボ)は、このような新技術を搭載したカメラデバイスを利用し、AIによる画像解析やクラウド技術を組み合わせた写真共有プラットフォームに着目した。

そしてこのほど、イノラボは360度写真から対象毎に最適な構図を切り出すAI技術「Image Molder」を開発し、子どもの活動記録写真を調整、切り出し、分類するシステムのプロトタイプの実証実験を行った。

「Image Molder」は、任意の場所に設置した360度カメラで周囲を連続撮影し、クラウド環境にアップロードする。そしてクラウド上でAI技術によって対象ごとに最適な構図に調整し、平面写真への切り出し、分類、共有を自動で行う。

「Image Molder」による実証実験は、幼稚園型認定こども園まこと幼稚園(栃木県宇都宮市)にて行った。幼稚園や保育所における子どもの活動記録の写真撮影は、多くの場合、教諭や保育士が一定の労力を割いている。今回の実証実験は、その負担を「Image Molder」によって軽減する事を目的に行った。

実験では、360度カメラによって園児たちの日常を撮影、園児一人ひとりのデータをAIが識別し、園児ごとに最適な構図に調整した写真の切り出しを行った。保護者には自分の子どもが映った写真のみを閲覧あるいはダウンロードできるアプリを提供した。

イノラボでは、保育分野以外にも見守りや防犯、イベントといったシーンでの「Image Molder」の展開を見込んでいる。

Previous

店舗運営の省人化のためのIoT/AI活用

5G-ACIAとFFPA、産業用5Gのグローバルなエコシステム形成に向けて覚書を締結

Next