NTTデータとJSOL、栽培実績データから農作物の出荷予測モデルを設計するコンサルティングサービスを提供

農作物の栽培は、天候によって年間収穫量や出荷時期が変動する。そして、価格変動や出荷に付随する業務の労働力確保といった様々な課題が生まれる事によって、農家の所得に影響を与える。

株式会社NTTデータと株式会社JSOLは、上記の課題解決に向けて、産地の過去の栽培に関わる実績データや気象データなどを収集し、統計分析による出荷予測の実証を行ってきた。

このほど、NTTデータとJSOLは、栽培実績や気象などのデータの統計分析によって産地全体の生育傾向をモデル化し、産地の農作物に適した出荷予測モデルを設計するコンサルティングサービスの提供を開始した。

「出荷予測モデル設計コンサルティングサービス」は、品種ごとの栽培記録・地域ごとの気象情報や出荷管理データ等を統計分析する事で、産地に適応した出荷予測モデルを設計し、精度の高い出荷計画策定を目指すものだ。

サービス採用時にユーザーは産地の過去の栽培に関わる実績データを提供し、NTTデータとJSOLがそのデータを基に統計分析を行い、ユーザーの定性的なノウハウも取り入れながら、出荷モデルの設計を支援する。

このサービスは、圃場単位ではなく、集出荷を行う産地単位での出荷予測を目指している。
また、産地の営農指導担当者が出荷予測結果に対して適宜補正を加えられるようにし、より精度の高い見込値を把握する事や、出荷の量とタイミングを事前に把握し、販売戦略や集出荷業務の要員計画作成、生産計画の策定などに活かす事を見込んでいる。

主なサービス提供先は、複数の生産者が栽培した農作物を集荷して販売先へ出荷する産地のJA、出荷団体や自治体等である。価格は1産地1農作物 250万円からの金額で提供する予定だ。

2020年度中には、NTTデータが2018年10月より提供している営農支援プラットフォーム「あい作」のオプション機能として提供することを予定している。

Previous

新型コロナウイルス、顔認証と検温で感染拡大を防げ

スマートドライブとロイヤリティ マーケティング、ポイントサービスの移動データを活用した実証実験を2020年5月に開始

Next