ソラコム、「SORACOM IoT ストア」にてリモートアクセスや移動管理のための産業用IoTデバイスを提供開始 

株式会社ソラコムは、IoTデバイスを1個単位で購入できる「SORACOM IoT ストア」において、オフィスやデータセンターなどに設置されたコンピューターにセキュアなリモートアクセスや、配送車や社用車のトラッキングを行うことができる産業用IoTデバイスの提供を開始した。

ソラコムは、1回線から利用可能、契約はオンライン上で完結、ブラウザやAPIから各種設定や回線管理ができる、といった特徴を有するIoTプラットフォーム「SORACOM」を提供し、IoT 向けの通信とIoTシステムの活用を支援している。

また、ユーザーがIoT デバイスを手軽に選択、調達できるようにするため、2020年4月から、IoT デバイスをウェブサイトで1個から購入できる「SORACOM IoT ストア」を開設した。

そしてこのほど、「SORACOM IoTストア」は、ビジネスでの活用を見込んだ産業用IoTデバイス2点の提供を始めた。これまで、産業用 IoT デバイス活用のためには、メーカーや販売会社との先々の利用台数を加味した契約や交渉、専門知識を持った人材による開発サポートが必要となるケースがあったが、「SORACOM IoTストア」ではデバイスを1個単位でオンライン上での契約のみで入手することができる。

また、用途別のIoT活用に必要となる機材一式や、デバイス開発からクラウド連携までのステップ毎の手順が記載されたIoT DIYレシピを同時に無料公開することで、IoT 導入をサポートする。ストアで取り扱うデバイスおよびレシピは、今後拡充を予定している。

取り扱いを開始するIoTデバイス

今回、取り扱い開始するIoTデバイスは「ワイヤレスマイクロサーバー ピセロ AK-130-4 スターターキット」「車載 GPS トラッカー T366L スターターキット」の2点である。

前者はLinux OS 搭載でサーバーやパソコン、各種デバイスにリモートアクセスを接続できるワイヤレスマイクロサーバ、後者は防水防塵で、車、バイク、ヨット、船などの移動体で利用することができる車載GPSトラッカーである。

(左)ワイヤレスマイクロサーバー ピセロ AK-130-4 スターターキット デバイス名称:Pisello AK-130 価格:39,000 円(税別) 内容:製品本体+plan-D マイクロ(データ通信のみ)+3,900円のクーポンがバンドルされたセット (右)車載 GPS トラッカー T366L スターターキット デバイス名称:Meitrack T366L 価格:19,800 円(税別) 内容:製品本体+plan-D マイクロ(データ通信のみ)+1,980円のクーポンがバンドルされたキット
(左)ワイヤレスマイクロサーバー ピセロ AK-130-4 スターターキット
デバイス名称:Pisello AK-130
価格:39,000 円(税別)
内容:製品本体+plan-D マイクロ(データ通信のみ)+3,900円のクーポンがバンドルされたセット
(右)車載 GPS トラッカー T366L スターターキット
デバイス名称:Meitrack T366L
価格:19,800 円(税別)
内容:製品本体+plan-D マイクロ(データ通信のみ)+1,980円のクーポンがバンドルされたキット

公開されるIoT DIYレシピ

ピセロ AK-130でリモート環境にセキュアアクセス

遠隔地のパソコンやネットワーク機器に対し、セキュアにリモートアクセスができる仕組みを構築し、手元のパソコンからの遠隔地の機器管理を行うことができるレシピである。

昨今のリモートワーク推奨により、オフィスや工場、データセンターなどに設置されたコンピューターに、直接その場に赴かずにリモートアクセスしたいというニーズが増えている。この仕組みでは、遠隔地のサーバやパソコンに追加のソフトウェアやハードウェアを導入することなく、セルラー通信搭載のマイクロサーバーをネットワーク接続させることで、リモートアクセスができるようにする。

汎用性・拡張性が高いLinux OS搭載のワイヤレスマイクロサーバ ピセロ AK-130、セキュアなオンデマンドアクセスにSORACOMのサービスを利用し、セキュアなリモートアクセス環境を構築する。

Meitrack T366 による車両トラッキング

車載GPSトラッカーT366Lスターターキットを使った車載の位置情報管理の仕組みを構築する。GPS トラッカーから送信される位置情報をもとに、地図上に現在地やその軌跡をプロットしたダッシュボードを作成する。

この仕組みでは、車、バイク、ヨット、船などあらゆる移動体に、セルラー通信搭載のGPSトラッカーを追加で取り付けデータを収集することができ、業務効率化や移動管理につながるようにする。

ロケーションデータの取得には Meitrack T366、データの保存と可視化に SORACOM サービスを利用し、データ加工処理のために AWS Lambda を組み合わせる。

IoT DIY レシピの一覧
IoT DIY レシピの一覧

SORACOM IoT ストアへのリンクはこちら

Previous

三井不動産とKDDI、5Gを活用したオフィスビルのDXを目指し基本合意

ソニーとマイクロソフト、AIスマートカメラと映像解析を用いた法人向けソリューションの構築に向けて協業

Next