サイバーセキュリティクラウド、損保ジャパンなど、サイバー攻撃検知ビッグデータの活用による保険商品の開発に向け共同研究を開始

アフターコロナの時代において、テレワークの急速な浸透や巣ごもり志向によるオンラインソリューションの需要拡大とともに企業のサイバーリスクが高まることが予想される。また、年々高度化、巧妙化するサイバー攻撃の深刻化などにより、サイバーリスクは企業経営の重要リスクとして位置付けられている。しかし、自社のサイバーリスクを正確に把握できていないため、セキュリティ対策が十分ではないケースが多く、適切なセキュリティ対策が喫緊の課題になっている。

そのような中、株式会社サイバーセキュリティクラウドでは、クラウド型WAF(Web Application Firewall:WebサーバやWebサイトをアプリケーションの脆弱性を悪用した攻撃から保護するセキュリティ対策)の「攻撃遮断くん」や、AIによるAWS WAFのルール自動運用サービス「WafCharm」をはじめとしたサービスを提供し、企業のWebサイトに対するサイバー攻撃検知ビッグデータ(通信データ、検知データ)を保有している。

損害保険ジャパン株式会社(以下、損保ジャパン)とSOMPOリスクマネジメント株式会(以下、SOMPOリスク)は、企業活動におけるサイバーリスクに備えるため、サイバーリスクを包括的に補償するサイバー保険およびサイバーセキュリティソリューションを提供している。また、株式会社フィナンシャル・エージェンシーは、デジタルマーケティングソリューションによって、セキュリティ関連企業の商品・サービスの競争力を高めるサイバー保険を、企画開発および共同サービス提供している。

そしてこのほど、サイバーセキュリティクラウドが「攻撃遮断くん」や「WafCharm」から取得し、保有するサイバー攻撃に関するビッグデータの活用により、企業活動を支援する保険商品および関連ソリューションの開発に向けた共同研究を4社で開始することを発表した。

蓄積された過去のサイバー攻撃に関するビッグデータの分析により、近年の国内企業を取り巻くサイバーリスクを定量化するとともに、共同研究期間中、新たに取得される攻撃検知データの分析により、アフターコロナ時代のサイバーリスクの傾向をいち早くとらえ、新たな保険商品および関連ソリューションの開発につなげる事を目指す。

サイバーセキュリティクラウドの各サービスについて

クラウド型WAF「攻撃遮断くん」

Webサイト・Webサーバへのサイバー攻撃を可視化・遮断するWebセキュリティサービス。ディープラーニングを用いた攻撃検知AIエンジン「Cyneural」を活用し、一般的な攻撃の検知はもちろん、未知の攻撃の発見、誤検知の発見を高速に行うとともに、サイバー脅威情報監視チーム「Cyhorus」により、最新の脅威にも対応する。

AWS WAF自動運用サービス「WafCharm」

AIによる「AWS WAF」のルール(シグネチャ)自動運用サービス。機械学習を用いて最適なWAFルールを自動運用するAIエンジン「WRAO(ラオ)」を搭載している。「攻撃遮断くん」で培ったビッグデータを活用し、顧客ごとに最適なルールを「AWS WAF」に自動で適用する。

Previous

[製造業: 6/25]ウイングアーク1st 収益性を高める在庫・原価データ活用の秘訣セミナー(無料/ウェビナー)

マクセル、ELTRESやZETAを含む4種類のLPWAに対応したIoT電源システムを発売

Next