アイ・ムーヴ、OTSレンタカー、OTSサービス経営研究所、デンソーテンが受付無人化とレンタカーの交通事故低減の実証実験

2019年以前は、沖縄を訪れる外国人観光客は増え続けており、外国人によるレンタカーの利用が増加していたという。

これに伴い、交通事故も増加していたことから、2019年8月より、レンタカーの事故を減らす取り組みが始まった。

10月27日にアイ・ムーヴ、OTSレンタカー、OTSサービス経営研究所、デンソーテンから発表された実証実験の主な内容は以下の通り。

  • ドライブレコーダー映像から作成した運転マナー動画の配布(レンタカー利用者の運転傾向からシーン抽出)
  • レンタカーを予約した人に対して、運転マナー動画を事前に配布する。

  • スマートフォン専用アプリの顔認証で受付し、スマートフォンで車両の解錠・施錠
  • レンタカー貸出当日に、利用者だけでスマートフォンアプリの顔認証による予約情報の照合と、車両の解錠・施錠を行い、受付業務の無人化を図る。

  • 走行中の音声ガイダンス、多言語化(ガイダンス内容は国籍ごとの運転傾向に合わせてカスタマイズ)
  • 国ごとに交通ルールが異なり、不慣れな日本での運転に不安を持つ方々に対して、例えば日本の交通ルールや注意点をドライブレコーダーの音声ガイダンスでリアルタイムに伝えるといった安全運転支援を行う。

  • ドライブレコーダー映像から自動生成したダイジェスト動画の活用
  • 活用シーンは旅行前と後に分けられ、旅行前は、おすすめ観光ルート案内、運転マナー講習。旅行後はメモリアル動画の提供。

これらの他、年代や国籍ごとの運転行動・訪問先の傾向を調べる実証実験も検討していく予定となっている。

なお、4社の主な役割は以下の通り。

  1. アイ・ムーヴ レンタカーの予約・車両管理システムの活用
  2. 沖縄ツーリスト レンタカーの運用や実証効果の検証
  3. OTSサービス経営研究所 データ分析に基づいたレンタカー業務効率化策や事故低減施策の提案・助言
  4. デンソーテン 通信型ドライブレコーダーのデータを基にした行動分析と、サービス活用につながるデータ提供
Previous

ソフトバンク・Dell・ヴイエムウェア、5Gの通信基盤の構築に合意

IDC Japan、国内ITシステムのリモート開発実施企業の48%が生産性低下と発表、課題はコミュニケーション不足

Next