コンテックとNEC、「ExpEther 無線IPコア」搭載の汎用メディアコンバータを共同開発

製造業では、新型コロナウイルス感染症の流行拡大や急速な気候変動などによる、リモートワーク対応やサプライチェーンの分断、環境に配慮した設備投資など、次々と起こる課題への対応力が求められている。そのため、製造、流通、販売までを一気通貫で結ぶ業務プロセスの改革、工場の自動化・省人化、製品・サービスの拡充などといった課題を、新しいテクノロジーを組み合わせて解決していていく必要がある。

こうしたものづくりを行うためには、制御装置のモジュール化や柔軟な工場レイアウトへの対応、タイムロスのないクラウド連携が求められている。実現にはOTのネットワーク通信を無線化することが有効だが、必要なセキュリティや通信品質をどう維持管理していくかという課題がある。

株式会社コンテックと日本電気株式会社(以下、NEC)は、NECが開発した無線通信技術「ExpEther 無線IPコア」とコンテックの無線通信端末技術を融合させた汎用メディアコンバータを共同開発した。

同製品は、NECが提供する「ExpEther」の無線IPコアの技術の採用により、複数の電波を使用して独自の符号化方式を用いることで安定した高速低遅延の通信が出来るという。また、FA機器による電波の反射や減衰が起こりやすい環境でも電波干渉の少ないDECTにより通信を維持することが可能で信頼性を必要とする信号の伝送にも利用できるとしている。

Previous

DataRobotとAgoopがデータパートナー契約を締結、人流データを活用して新たな予測モデルの構築を支援

ソニー、AIで移動手段が検知できる見守りサービス「amue link」を提供開始

Next