富士通、製造現場をより忠実に表現した生産準備支援ツール「VPS」の新バージョンを販売開始

富士通株式会社は6月30日、同グループ会社のデジタルプロセス株式会社が開発した、製造業における生産準備業務のデジタル化支援ツール「FUJITSU Manufacturing Industry Solution COLMINA デジタル生産準備 VPS(以下、VPS)」シリーズ新バージョンの販売を開始した。

現在、製造業では、新型コロナウイルス感染症の影響で製造現場での新たな働き方が求められているほか、特に海外の工場において実施していた組立作業の指導が難しい状況である。

同バージョンでは、製造現場での試作や工程計画などの生産準備業務において、3Dデータを生産工程情報に紐づけた「3D Bill of Process(以下、3D-BOP)」の作成機能を強化した。「3D-BOP」とは、製品構成の情報、製品の生産に必要な設備情報、生産プロセスの工程情報、必要な材料や副資材のリソース情報を、相互に関連付けて管理し立体的に表示するものである。

新バージョンの特徴は次の二つである。一つ目は、製造現場をより忠実に表現した3D-BOP作成ツール「VPS Standard」、「VPS Manufacturing」だ。3Dデータ上で製造工程の検討を行うための3D-BOP作成ツール「VPS Standard」、「VPS Manufacturing」は、これまで工程名称や工程で組付けられる部品画像で工程手順が表現されていたが、工程レイアウトや作業手順、作業方法を直観的に把握するには不十分であった。

新バージョンでは、工程ブロック図上で機械の配置や作業者動線、作業手順などを付記するための図形描画や画像挿入のほか、スナップショットや工程ショット上での工具の表示、さらには、溶接形状や補材、治工具などの形状を簡便に作成する機能により、製造現場に即したビジュアルな「3D-BOP」の作成を可能にした。これにより、組立作業順や治具の使用方法の間違いなどの作業ミスを減らし、より歩留まりが高い生産を実現できる。

二つ目は、データの一元化により作業効率を向上した製造ライン工程計画ツール「VPS GP4」だ。3Dデータ上で製造ラインの工程計画を検討するツール「VPS GP4」では、従来、複数の仕様を持つ製品を扱う製造ラインを表現する際、共通する作業も含めて別々に設計データを作成、編集する必要があったが、今回の機能強化により、共通する作業と仕様が異なる作業を混在させて一つのデータで表現できるようになった。

これにより、共通作業に変更があった際、一つのデータを修正するだけで済むため、3~6つの仕様を持つ同社サンプルモデルにて作業時間が最大約70%削減できた。

また、複数の作業手順を一つのデータで表現することでそれぞれの手順の比較検討がしやすくなるため、生産ラインの評価値を見比べながら、合理的な改善策を適用できる。

製品名 販売価格(税別) 備考
VPS Standard 400万円 「VPS Digital Mockup」と「VPS Manufacturing」がセット
VPS Digital Mockup 250万円
VPS Manufacturing 250万円 利用には、「VPS Digital Mockup」のライセンスが必要
VPS GP4 440万円

プレスリリース提供:富士通