DXプロジェクトが失敗する8つの理由

Facebook
Twitter
LinkedIn

デジタルトランスフォーメーションは、今日、ビジネスを行う上で必要不可欠なものとなっています。

変化のないな企業から、より軽快でダイナミックなオペレーションへの変革は、ほぼすべてのビジネスにとって極めて重要といえます。

小さな新興企業であれ、老舗企業であれ、あるいはその中間であれ、デジタル変革は近い将来、あなたとあなたのビジネスに影響を与えるでしょう。

しかし、デジタル変革の重要性が高まっているにもかかわらず、多くの企業がその道程のどこかで苦労しています。アクセンチュアが最近発表したレポートによると、顧客やパートナーのニーズを満たすためにデジタル変革を進めている企業はわずか25%であり、さらに25%は第1段階は完了したものの、まだ次の段階には進んでいないことが分かっています。

残りの25%は、プロセスを開始できなかったか、終了できなかったかのどちらかです。この記事では、なぜ多くの企業がデジタル変革に苦戦しているのか、何度も失敗する8つの主な理由を探っていきます。

理由1. リーダーシップと承認の欠如

デジタルトランスフォーメーションは一夜にして実現するものではなく、一人の人間が数カ月でできるプロジェクトでもありません。

何年もかかるプロセスであり、IT、マーケティング、セールス、カスタマーサービスなど、多くの部門にまたがるものです。

変革の必要性をチーム全員に伝え、変革のビジョンとメリットを全員に理解させることができる強力なリーダーが必要です。

そのプロセスの一環として、変革チームは部門を超えたすべての主要なステークホルダーと会い、彼らの課題とニーズを理解する必要があります。

チームがビジネス上の問題を明確に理解し、共有することができれば、その問題に対処するためのソリューションの開発に着手することができます。

このように、さまざまな部門が協力し合うプロセスは、変革を成功させる上で非常に重要です。しかし、このコミュニケーション、賛同、そしてコラボレーションを生み出すには、強力なリーダーシップも必要です。

理由2.コミュニケーションと賛同の欠如

デジタル変革の最も重要な側面の1つは、さまざまなビジネス部門をまとめ、変革の必要性を伝えることです。

変化は本質的に「破壊的」であるため、組織のあらゆるレベルの人々が変革の取り組みの影響を受けることになります。

そのため、全員をまとめ、変革の必要性を認識させ、さまざまな変化が日常業務に及ぼす影響を理解させるためには、コミュニケーションが重要です。

このコミュニケーションを開始する最善の方法の1つは、コミュニケーションのプロセスと主要なマイルストーンを概説した変革のロードマップを作成することです。

また、誰もが変革の進捗状況を把握できるように、主要な指標やKPIを概説することもできます。

また、各グループのコミュニケーション戦略や、チームミーティング、ワークショップなど、コミュニケーションのきっかけとなる重要なイベントをまとめたコミュニケーションプランも作成する必要があります。

理由3.間違った、または時代遅れの戦略

ほとんどの変革の取り組みは、会社が現在対処できていない明確なペインポイントや機会がきっかけとなります。

そして、リーダーは、現在のビジネス上の問題や業界の状況、自社のコアとなる強みに基づいて戦略を考案します。

しかし、ビジネスの進化やデジタル技術の高度化に伴い、過去にうまくいったことが、今日のデジタルニーズに対応するために十分であるとは言えなくなっています。

デジタルトランスフォーメーションは長期的なプロジェクトですが、常に監視と評価を行い、戦略が今も適切であるかどうかを判断する必要があります。

ペインポイントや機会が変化したのであれば、戦略を再検討し、それに応じて修正する必要があります。

これは、特にマーケティング業務のデジタルトランスフォーメーションに当てはまります。

効果的なマーケティングには、カスタマージャーニーと、購入前、購入時、購入後の行動を明確に理解することが必要です。

したがって、マーケティングチームは、これらのアクションを積極的に追跡して、顧客の進捗状況を把握する必要があります。

もし、データが示すように、顧客が期待通りに進行していない場合、それは間違った戦略を示している可能性があります。

理由4.カルチャーの変革は優先されない

ビジネスの変革は変化することであり、規模の大きな変革には文化の変革が必要です。

テクノロジーが必要な変化を生み出すのに役立つのは事実ですが、組織の人材と文化の助けなしにはできません。

しかし、文化の変革は、ほとんどの変革の取り組みにおいて優先されるものではありません。

その代わりに、組織は、どのようなテクノロジーを採用すべきか、自動化によって業務を拡張するにはどうすればよいかに焦点を合わせています。

また、手作業を自動化し、重複を排除することで、いかにコストを削減するかという点にも焦点が当てられています。

このようなテクノロジーやアプローチは、確かに変革に役立ちますが、必ずしも企業の足かせとなっている文化的な問題に対処できるわけではありません。

新しいテクノロジーを導入し、余分な手作業をなくすことで変革の取り組みが成功しても、社員がその変革にコミットしなければ、それは失敗に終わります。

文化的な変革には、従業員の考え方を変え、組織のコアバリューを再優先させることが必要です。

理由5.従業員が将来のために訓練されていない

テクノロジーと戦略は、ファッションのトレンドと同じくらい頻繁に変わります。

しかし、変革をゴールとする以上、組織に適したテクノロジーを選択することが重要です。

そのため、さまざまなテクノロジーを評価し、組織にとって最適なものを選択する必要があります。

この選択プロセスには数カ月から数年かかることもあり、最終的には新しいベンダーやパートナーの選択も含まれることになります。

しかし、このような選択と変化には、従業員の十分なトレーニング、関与、および変化への備えが必要です。

従業員には、変化を受け入れ、新しいテクノロジーとそれがもたらす恩恵に興奮し、長年使用してきたテクノロジーを変えなければならないことを理解することが求められます。

例えば、基幹システムを入れ替える場合、新しい技術について従業員を教育するだけでは十分ではありません。

古いシステムがどのように機能するのか、なぜ置き換えなければならないのかについてもトレーニングする必要があるのです。

理由6.プロセスが複雑で一貫性がない

変革を成功させるには、新しいテクノロジーを導入する必要がありますが、それは同時に、人々の働き方を変え、新しいツールや働き方を提供することを意味します。

実際、変革の取り組みでは、人々の働き方の改善を強く意識することは珍しくなく、多くの取り組みで、人々のコミュニケーションやコラボレーションの方法の改善に焦点が当てられています。

しかし、トランスフォーメーションは、組織に多くの複雑性をもたらせました。

トランスフォーメーション時に導入された新しいテクノロジーやソリューションは、しばしば一貫性がなく、組織全体に導入することが困難な場合があります。

理由7.プロセスが複雑で認識できない

多くの組織が、新しいテクノロジーの導入と、人々の働き方の変化という課題に直面しています。

これらの課題は、現在のプロセスが複雑で認識しにくいという事実によって、さらに悪化しています。

複雑さと変化のために、現在のプロセスは、容易に理解も管理もできないものに進化しています。

あまりに複雑なため、作業の進捗状況を把握し、予測することが困難になっているのです。

理由8.デジタルマーケティングが優先されない。

ほとんどの変革イニシアティブは、カスタマーエクスペリエンスの向上に明確に焦点を合わせています。

彼らは、さまざまな部門を集め、顧客に影響を与えている問題や課題を特定します。

また、それらの課題に対処するためのソリューションを模索し、多くの場合、それらのソリューションはデジタルチャネルを通じて提供されます。

しかし、デジタル変革の取り組みは、カスタマー・エクスペリエンスに焦点を絞ったものであることが多く、デジタル・マーケティングが価値を提供するための明確な道筋を示すものではありません。

彼らはカスタマージャーニーの改善に焦点を当て、顧客が購入前と購入後に取っている行動を特定しますが、マーケティングがこのジャーニーに参加するための明確な道筋を提供しません。

デジタルマーケティングがカスタマージャーニーに参加していないため、マーケティング担当者がキャンペーンを改善するのに役立つ貴重なデータを逃しているのです。

マーケティングチームはカスタマージャーニーを追跡できないため、顧客が購入を断念する原因となる問題を特定することができません。