ユカイ工学のBOCCO、話しかけられた声を文字にしてお知らせする「こえ文字メール」機能を新搭載

ユカイ工学株式会社は家族間のコミュニケーションをつなぐ見守りロボット「BOCCO」(ボッコ)の新しい機能である、”こえ文字メール”をiOS版アプリ向けに、本日5月25日にリリースした。

 

BOCCOが話しかけられた声を文字にしてお知らせ

ユカイ工学のBOCCO、話しかけられた声を文字にしてお知らせするこえ文字メール”機能を新搭載

“こえ文字メール”とは、BOCCOが話しかけられた声を専用のスマートフォンアプリに送り届ける機能に加え、話しかけられた声を解析し、文字に起こして声と一緒に送ってくれるようになる機能だ。

“こえ文字メール”の搭載により、過去に送られてきた声のメッセージを振り返る際に、内容が一目で分かるようになったので、一つずつ再生して確認する手間が省けるようになった。

例えば、子どもの成長はとても早く、“数ヶ月前の声を再生するだけでも、ちょっとした声色の変化から子どもの成長が実感できた”といった顧客の声があった。そんな、”声のアルバム”としての利用も、今回のアップデートで聞きたい子どもの声がすぐに見つけれるようになった。

 

音声認識機能を搭載でさらに賢く成長

今回、こえ文字メールの搭載に当たって、ついにBOCCOがしゃべりかけられた音声を解析する、音声認識の機能を搭載。

これにより、”BOCCOに話しかけて代わりに家電を操作してもらう”、”BOCCOとお話をする”など、”声”を使用した新たな機能の拡張が可能となった。

 

BOCCOについて

ユカイ工学のBOCCO、話しかけられた声を文字にしてお知らせするこえ文字メール”機能を新搭載

BOCCOは、インターネットに接続するためのWiFiと、センサと通信するためのBluetoothの機能を搭載している。

インターネット経由でスマートフォンと音声メッセージをやりとりできるほか、家庭内のセンサの情報をスマートフォンに通知することが可能。これにより、家族の生活の様子を外出中でも知ることができたり、家族と何気ないメッセージのやりとりを楽しむことができる。

BOCCOの開発者であり、自身も父親でもある代表の青木氏は、「アプリで知り合いが昼に何を食べたかを見るよりも、子どもと会話することを重視したい。」というSNSなどのコミュニケーションのあり方に違和感を抱き、家族をつなぐロボット「BOCCO」の開発に着手。実際に子どもや家族と忙しい仕事の合間にBOCCOを通じてコミュニケーションを取っているという。

https://youtu.be/qiWEhdBeQmA

 

BOCCO製品情報

製品名:BOCCO(ボッコ)
価 格:29,000円(税込31,320円)
付属品:ACアダプター/センサー/両面シール/センサーストラップ/単4電池 x2/取り扱い説明書
※使用にはWiFi環境が必要。

 

【関連リンク】
ユカイ工学(YUKAI Engineering)
ボッコ(BOCCO)

Previous

テックファーム、Beacon端末の運営・管理支援プラットフォームを開発、Beaconが相互通信し電池切れや故障を通知、IoTサービス提供を支援

Noomの世界4500万DLのヘルスケアアプリ「Noom」、AIと専門のコーチによる新プログラムをリリース

Next