Jetrunテクノロジの自然言語処理技術、シャープの人工知能「エモパー4.0」のマッチング技術に採用

Jetrunテクノロジ株式会社は、シャープ株式会社の「emopa(エモパー)3.0」で活用されているJetrunテクノロジの自然言語処理技術が、emopa4.0搭載モデルにも採用された事を発表した。

Jetrunテクノロジは、インターネット上の膨大なテキスト情報を用いた学習データから、特徴語を抽出する処理を高速かつ自動的に行い、属性ごとにマッチングさせる技術をベースに様々なサービスで商用品質を維持、向上させてきた。今回のエモパー4.0での採用を機に、様々な機器への革新的な技術提供を行っていくという。

 

emopa 4.0新機能

ユーザーに最適な気づきを、タイミングよく話しかけてくれる人工知能「エモパー」が4.0に進化。

エモパーは毎日の歩数や体重や睡眠など、 健康維持やダイエットに役立つ話しをしてくれるようになった。行った場所を覚えて、さらに行動範囲が広がる話しもしてくれるという。

 

emopa 4.0搭載機種

docomo : AQUOS ZETA SH-04H
SoftBank : AQUOS Xx3
au : AQUOS SERIE SHV34, AQUOS U SHV35

 

【関連リンク】
Jetrunテクノロジ(Jetrun Technology)
シャープ(SHARP)
emopa4.0(エモパー)

Previous

NTTデータ、中国でのビッグデータを活用した「渋滞予測・信号制御シミュレーション」の実証実験で渋滞緩和効果を確認

総務省と経済産業省、「IoTセキュリティガイドライン」(案)に関する意見を募集

Next