ACCESS、IoTゲートウェイにインテリジェント機能を付加するマネージドエッジコンピューティングエンジン「NetFront(R) Agent」を開発、提供開始

株式会社ACCESSは、IoTゲートウェイ機器上で動作し、センサーをはじめとする、様々な入出力機器を束ね、データの収集・出力を司る、世界最小クラスのマネージドエッジコンピューティングエンジン「NetFront(R) Agent」を開発し、国内や海外市場において、主に、IoTゲートウェイを活用して、家庭や工場・オフィス・ホテルなど施設のスマート化のための機器やサービス提供を目指す事業者を対象に提供開始した。

 

開発背景

本格的なIoT社会の到来を目指して、現在、多種多様な業界・業種で、IoTを利活用し、新サービスの創出や新たなビジネスビジネスモデルを模索する動きが活発化している。今後、センサーなどを通じて情報を収集する機能を持つIoT機器の稼働台数は、爆発的に増大することが予想されている。然しながらこうしたIoT機器の増大により、クラウドに上がるデータも同様に膨大し、多くの企業がそうしたデータの管理方法やデータを活用した新サービスの運用性、経済性の課題に直面しつつある。また、それぞれのIoT機器のセキュリティや認証、IoTゲートウェイ自体のソフトウェア更新の対応にも頭を悩ませる状況となっている。

IoTゲートウェイ機器は、異なる通信プロトコルのネットワークを相互接続し、中継するノードとなる機器だ。スマートフォンやIoT機器のさらなる普及、ワイヤレスセンサー・ネットワークやクラウドサービスの利用拡大により、IoTゲートウェイ市場も飛躍的に拡大し、世界のIoTゲートウェイ市場規模は、2022年までに126億4,000万米ドルに達すると予測されている(※)。

こうした背景の下、ACCESSは、長年の組込向けソフトウェア開発のノウハウを結集して、IoTゲートウェイ機器にデータ収集・出力といった機能をはじめ、セキュリティ、FOTA(Firmware On-The-Air)、ハートビートといった機能をオプション追加することにより、ゲートウェイそのものにインテリジェントな機能を付加する、「NetFront Agent」を開発した。

「NetFront Agent」はゲートウェイ側で膨大なデータを処理し、クラウドへの負荷を減らす仕組みであるエッジコンピューティング技術としても活用できる。これにより、事業者は、IoTサービスを効率的に実現することが可能になる。

 

製品概要

「NetFront Agent」は、世界中で15億台を超える豊富な市場実績を誇る組み込みシステム向けブラウザ「NetFront(R) Browser」の独自エンジンをベースに開発されており、優れた省メモリ性、移植性、拡張性を特長としている。

IoTゲートウェイに「NetFront Agent」を搭載することにより、BLE、Wi-SUN、WiFiといった異なる無線通信規格に準拠したセンサーなどIoT機器から発信されるデータを集約し、IoTクラウドインフラへ送信する。事業者は、クラウド上のデータをPCで可視化したり、「NetFront Agent」を介して、IoT機器側を遠隔制御することも可能。また、IoT機器から発信されるデータの種類を「NetFront Agent」で絞り込み、クラウド側へ送信することにより、クラウドインフラ上の負荷を低減することもできる。

例えば、工場施設内の産業機器をIoT化し、工場内に設置されたゲートウェイに「NetFront Agent」を搭載することにより、機器の稼働状況をオフィスのPCで確認するといった使い方や、ケーブルTV事業者のセットトップボックス(ゲートウェイ)を介して、冷蔵庫・テレビ・エアコンの稼働状況を外出先からスマホで確認したり、遠隔操作するといった、付加価値サービスの提供も可能になる。

このように、「NetFront Agent」は、事業者が、工場や商業施設、家庭などに設置されたIoTゲートウェイをインテリジェント化し、機器の自動保守点検・故障予知、工場の生産性向上、家電の遠隔操作や付加価値サービスの追加などを、開発コストを低減しつつ、容易に、迅速に創出することを可能にする。

 

主な特長は下記。

世界最小クラスのエンジン

組み込みシステム向け「NetFront Browser」のコアエンジンを活用しており、node.js(v8)や PhantomJS(JSCore)などOpenSource の JavaScriptエンジンでは実現不可能な省メモリのモジュールを実現

高移植性

「NetFront Agent」のモジュールは個別のプラットフォーム環境に依存するプログラムコードを含まない(環境非依存)ため、IoT機器への移植が容易

あらゆるクラウド基盤との連携が可能

開発におけるコスト低減、効率の向上

開発効率が高いJavaScript で開発をすることが可能。またJavaScriptによるゲートウェイ自身の制御とゲートウェイにつながる先のセンサー類の制御が可能。

 

対象顧客

家電・産業・業務用機器メーカ、ガス・電力事業者、通信事業者・ケーブル/有料TV事業者、SIer、ハウスメーカなど。

 

シーン別ユースケース

工場・倉庫・オフィスや、ホテルなど大規模商業施設

・生産性の可視化・分析により、生産効率の向上
・予防保守により、障害発生率の削減、保守要員の稼働効率化
・機器の電池残量の可視化・遠隔確認
・広域・狭域での機器の遠隔制御

家庭

・販売済み家電機器へ後付けで容易に機能拡張
・家電向け付加価値サービスにより、売り切りのビジネスモデルからサービサーへの転換

 

なお、Interop Tokyo2016(2016年6月8日~10日、幕張メッセ)のW3Cブース(Hall7)において、「NetFront Agent」のデモを展示する。

今後ACCESSは、「NetFront Agent」を軸に、エッジコンピューティングによるデバイス側の管理・制御だけでなく、クラウド側も含めて新機能を追加していく予定。

 

(※)出典:
株式会社グローバルインフォメーションのプレスリリース「IoTゲートウェイの世界市場予測 2022年:スマートウォッチ、サーモスタット、アクチュエーター、スマートTV」(2016年4月4日)
【関連リンク】
アクセス(ACCESS)

Previous

BIJとand factory、最先端IoTデバイスを集結させたスマートホステル「&AND HOSTEL」国家戦略特区・福岡にオープン

佐賀大学農学部・佐賀県農林水産部・オプティム、三者連携による最新のIT農業に対する取り組みを発表

Next