MOVIMASとジョイ・ワールド・パシフィック、営農と太陽光発電が可能なソーラーシェアリング向けのIoTサービス提供で協業

株式会社MOVIMASは、ソーラーシェアリング(※1)分野におけるIoTサービスとして、営農における環境計測・制御と太陽光発電モニタリングが可能な「MOVIMAS AGR」(※2)を株式会社ジョイ・ワールド・パシフィック(以下、jwp)と共同開発・共同サービス提供を2016年10月31日より開始すると発表した。

MOVIMASとjwpは、MOVIMASが持つIoT分野におけるクラウドシステムとネットワークに関する知見とjwpが持つ農業分野における環境センシング技術を活かし「MOVIMAS AGR」を共同開発する。MOVIMASは、MOVIMASIoTプラットフォームサービスの1ラインナップとして「MOVIMAS AGR」をサービス提供する。jwpは「あぐりクラウドPRO」としてサービスを提供する。

また、MOVIMASのソーラーシェアリングは、MOVIMASがオムロン株式会社から供給を受けた太陽光パワーコンディショナ(以下PCS)とハイブリッド蓄電システム、及び先日9/7に発表された「MOVIMAS ENG」を利用した蓄電IoTにも対応するという。

MOVIMASとジョイ・ワールド・パシフィック、営農と太陽光発電が可能なソーラーシェアリング向けのIoTサービス提供で協業

「MOVIMAS AGR」は、屋外設置型としてソーラーシェアリングに対応した「MOVIMAS AGR TYPE(R)」、屋内設置型として「MOVIMAS AGR TYPE(S)」をラインナップしている。「MOVIMAS AGR」は、営農用機能として、気温、湿度、日射量、気象情報といった基本的な環境計測機能を実装しており、IoT技術を利用し利用者へのデータ閲覧機能やアラート通知機能を提供する。

更に、計測したデータを元に各種数値を演算する点が他社との大きな差別化ポイントだという。例えば、屋外向け「MOVIMAS AGR TYPE(R)」では計測したデータを元に「暑さ指数」を算出し一定値を超えた場合にアラート通知が可能なため、農作業時の熱中症対策が可能。また、屋内向け「MOVIMAS AGR TYPE(S)」では飽差(※3)を算出しCO2濃度と合わせて、施設環境を制御することで作物の成長促進が可能。その他、屋外向け「MOVIMAS AGR TYPE(R)」では、カメラを実装しており遠隔地の圃場監視や人感センサーとの連動で果実の盗難対策も可能だという。

機能は下記。
・屋外設置型(MOVIMAS AGR TYPE(R))
・PCSから発電情報を取得し太陽光発電のモニタリングが可能(MOVIMAS AGR TYPE(R))
・カメラによる圃場監視(MOVIMAS AGR TYPE(R))
・屋内設置型(MOVIMAS AGR TYPE(S))
・施設内環境制御(MOVIMAS AGR TYPE(S))
・多彩な環境センサーによる環境計測(一部オプション)
・営農日誌作成(オプション)
・アラート通知機能
・920MHz帯無線で子機との連携可能
・物理的に最大100台の子機接続可能で大規模圃場にも対応

<画面イメージ>
MOVIMASとジョイ・ワールド・パシフィック、営農と太陽光発電が可能なソーラーシェアリング向けのIoTサービス提供で協業

MOVIMASとジョイ・ワールド・パシフィック、営農と太陽光発電が可能なソーラーシェアリング向けのIoTサービス提供で協業

MOVIMASとジョイ・ワールド・パシフィック、営農と太陽光発電が可能なソーラーシェアリング向けのIoTサービス提供で協業

※1 ソーラーシェアリング:農地を農地のまま生かし、且つ農地の上に太陽光パネルを設置し発電という電気の栽培もおこなう発電設備。(一般社団法人全国営農型発電協会サイトより)。
※2 MOVIMAS AGR:jwp製品名は、あぐりクラウド、あぐりセンス、シーカメラ。
※3 飽差:ある温度と湿度の空気に、あとどれだけ水蒸気の入る余地があるかを示す指標。

【関連リンク】
モビマス(MOVIMAS)
ジョイ・ワールド・パシフィック(jwp)
オムロン(OMRON)

Previous

レッドボックス、人工知能を利用したCDNサービスを提供開始

フレームワークスの次世代ロジスティクスプラットフォーム ー国際物流総合展2016 レポート

Next